FC2ブログ

記事一覧

他もしらず、われもしらずといへども

正法眼蔵 行持 ( 3 )その宗旨は、わが行持すなはち十方の帀地 so-ti 漫天 man-ten みなその功徳をかうむる他もしらず、われもしらずといへども、しかあるなり釈尊が後世へ伝えし坐禅この坐禅の骨格の中へ落ち、消えゆくZazen Passed Down by the Buddha to Future GenerationsFalling into the skeleton of zazen and disappearing太陽が西の空に消えゆくように私達も昼の世界から隠れるAs the sun disappears in the wes...

続きを読む

われを保任 ho-nin し、他を保任す

正法眼蔵 行持 ( 2 )このゆゑに、みづからの強為 go-I にあらず他の強為にあらず、不曾 fu-zo 染汙 zen-na の行持なりこの行持の功徳、われを保任 ho-nin し、他を保任すお日様は西の空へ落ち、消え行くThe sun falls into the western sky and disappearsそして、新たな力を携え東の空から登るThe next morning, with new strength, it emerges from the eastern sky.それは、気ままな振る舞いでしょうか ?あるいは、...

続きを読む

仏祖の大道、かならず無上の行持 gyo-zi あり

正法眼蔵 行持  ( 1 )仏祖の大道、かならず無上の行持 gyo-zi あり道環 do-kan して断絶せず発心 ho-sin 修行 、菩提 bo-dai 涅槃 ne-han しばらくの間隙 kan-geki あらず行持 gyo-zi 道環 do-kan なり神々は、気まぐれで人をお創りなされた ?いや、必要としたゆえにお創りなされたDid the gods created man from a whim ?No, the gods created them because the gods needed them.気付いたら、身体に宿ってた目・耳・...

続きを読む

参学の真流 sin-ru にのこす

正法眼蔵 辨道話( 199)しかあればすなはち、これをあつめて仏法をねがはん哲匠あはせて道をとぶらひ雲遊 un-yu 萍寄 hyo-ki せん参学の真流 sin-ru にのこすときに、寛喜 kan-ki 辛卯 kano-to 中秋日 (西暦1231年 八月十五日 )入宋伝法沙門道元記 辨道話西の空へ落ち、消え行くお日様The sun falls into the western sky and disappearsそして新たな力携え、東の空から登るThe next morning, with new strength, it...

続きを読む

ただ、けふをはじめとおもはんや

正法眼蔵 辨道話( 198)その化 ke をしくさかひいづれのところか仏国土にあらざらんこのゆゑに、仏祖の道を流通 ru-zu せんかならずしもところをえらび縁をまつべきにあらずただ、けふをはじめとおもはんや歴史に名を連ねし、あまたの皇帝将軍方人々をまとめ、国を治めしは驚嘆すべきことですHistory is full of emperors and generalsIt is a marvel to seehow they united people and ruled the country.釈尊が伝えし坐禅そ...

続きを読む

静けさや   Silence  岩に染み入る        It seeps into the rock.蝉の声Voice of the cicadas  昨日は、真夏の山寺紀行でした 。.....

続きを読む

仏法を護持する素懐をわすれず

正法眼蔵 辨道話( 197)それ仏法を国中に弘通 gu-tu すること王勅 o-tyoku をまつべしといへどもふたたび霊山 ryo-zen の遺嘱 i-syoku をおもへばいま百万億刹 oku-setu に現出せる王公相将 syo-syo みなともにかたじけなく仏勅 bu-tyoku をうけて夙生 syuku-syo に仏法を護持する素懐をわすれず生来 syo-rai せるものなり国中に仏法を広めようとしたら、それは政治に関わる大事ですIf we want to spread Buddhism throughout...

続きを読む

青巌 sei-gan 白石 haku-seki のほとり

正法眼蔵 辨道話( 196)いまは破衣 ha-e 綴盂 te-tu を生涯として青巌 sei-gan 白石 haku-seki のほとりに茅 bo をむすんで端坐修練するに、仏 butu 向上 ko-zyo の事たちまちにあらはれて一生参学の大事すみやかに究竟 ku-kyo するものなりこれすなはち龍牙 ryu-ge の誡勅 kai-tyoku なり鶏足 kei-soku の遺風なりその坐禅の儀則はすぎぬる嘉禄 ka-roku のころ撰集 sen-zyu せし普勧坐禅儀 hukan-zazengi に依行 e-gyo すべ...

続きを読む

名相 myo-so 事縁 zi-en しげくみだれて

正法眼蔵 辨道話( 195)このほか、叢林 so-rin の規範および寺院の格式いましめすにいとまあらず、又草々にすべからずおほよそ我朝 waga-tyo は、龍海の以東にところして雲煙はるかなれども、欽明 kin-mei  用明 yo-mei の前後より秋方 syu-ho の仏法東漸 to-zen するこれすなはち人のさいはひなりしかあるを、名相 myo-so 事縁 zi-en しげくみだれて修行のところにわづらふ道場の規則、道場の運営方法それぞれ意味があり、簡...

続きを読む

参学のねがはんにきこえんとす

正法眼蔵 辨道話( 194)さきの問答往来し賓主 hin-zyu 相交することみだりがはしいくばくか、はななきそらにはなをなさしむるしかあれども、このくに坐禅辨道におきて、いまだその宗旨つたはれずしらんとこころざさんもの、かなしむべしこのゆゑに、いささか異域の見聞をあつめ明師の真訣 sin-ketu をしるしとどめて、参学のねがはんにきこえんとす自ら問い、自ら答えるAsk and answer your own questions虚空に絵を描くpaint...

続きを読む

蛍飛ぶ 中を夜舟の ともし哉.................................[ 正岡子規 ]1オクターブ下の音1オクターブ上の音耳には聞こえませんが、こんな景色は、夏の音でしょうか....

続きを読む

うつむいて 何を思案の 百合の花[ 正岡子規 ]蒸し暑い夏に、真っ白 T シャツアクセサリーは、黄色のペンダント仙台はまた、暑くなりそう....

続きを読む

夏の夜の あけ残りけり 吾妻橋..................................[ 正岡子規 ]この季節、早朝の夜の気配と朝の訪れが交差するころ東の空、それはそれは美しき哉です....

続きを読む

I came beyond blind obedience.

正法眼蔵 辨道話( 193)私達は一万年前、どんな感覚だったんだろうWhat did we feel like 10,000 years ago?天空の星々、山河風水それらの中に生きてた、その中に自分を感じてたStars in the sky , Mountains and rivers , Winds and watersI lived in them.  I felt myself in them.でも、それは盲従してるだけだったBut that was just blind obedience.天空の星々、山河風水Stars in the sky , Mountains and rivers , Wi...

続きを読む

般若 han-nya の正種 syo-syu ゆたかなり

正法眼蔵 辨道話( 192)わが朝 tyo は、仁智のくににあらず人に知解 ti-ge おろかなりとして仏法を会 e すべからずとおもふことなかれいはんや人みな般若 han-nya の正種 syo-syu ゆたかなりただ承当 zyo-to することまれに受用することいまだしきならし何かを新たに習得するLearning Something New以前は出来たけどもう忘れてしまったI used to be able to do it, but I've forgotten about it.この二つは微妙に違いますThes...

続きを読む

liberation of the demons

正法眼蔵 辨道話( 191)また釈教 syaku-kyo の三千界にひろまることわづかに二千余年の前後なり刹土 setu-do のしなじななるかならずしも仁智のくににあらず人またかならずしも利智聡明のみあらんやしかあれども、如来の正法もとより不思議の大功徳力をそなへてときいたればその刹土にひろまる人まさに正信 syo-sin 修行すれば利鈍をわかず、ひとしく得道するなり道元禅師が述べられる 「 正 法 」 は坐禅に他なりません...

続きを読む

it feels as if it is leaving my body.

正法眼蔵 辨道話( 190)身体を使って、身体の中に図形を描きますすなわち、目には見えませんが、線を引くわけですUsing the body, we draw shapes in the body.In other words, we draw lines, though we cannot see themもともと存在しない線を、心魂の力で引きさらに、それを見えなくなる位に細くしていく「 何かめんどくさいな 」 とも言えますDraw a line that does not exist in the first place with the power of t...

続きを読む

黙坐せしをみて

正法眼蔵 辨道話( 189)仏在世にも、てまりによりて四果 si-ka を証し袈裟 ke-sa をかけて大道をあきらめしともに愚暗のやから、癡狂の畜類なりただし、正信のたすくるところまどひをはなるるみちありまた、癡老の比丘 bi-ku 黙坐せしをみて設斎 se-sai の信女 sin-nyo さとりをひらきしこれ智によらず、文によらずことばをまたず、かたりをまたずただしこれ正信にたすけられたり多くを聞かずとも、理解がなくても現物を見る...

続きを読む

かならずしも人天の世智をもて、出世の舟航とするにはあらず

正法眼蔵 辨道話( 188)しめしていはく、「 いふがごとし わがくにの人 いまだ仁智あまねからず、人また迂曲 u-kyoku なり たとひ正直の法をしめすとも 甘露かへりて毒となるぬべし 名利 myo-ri にはおもむきやすく、惑執とらけがたし しかはあれども、仏法に証入すること かならずしも人天の世智をもて  出世の舟航とするにはあらず 」私は今、造形といい創造行為の真っ最中にいるI am in the ...

続きを読む

a rhythm of weekly breaks.

正法眼蔵 辨道話( 186)坐禅をすれば、修行してゆけばある心境を得る事が出来るだろう心が平安で安定するだろう何となく、そう期待しちゃいますIf you do zazen, if you continue to practiceYou will achieve a certain state of mindThe mind will be peaceful and stable.Somehow, I would expect so.このレポートで繰り返し述べてるテーマです身体の中に力線を引くその線をどこまでも細くするある心境を享受すると言うの...

続きを読む

sit with dignity

正法眼蔵 辨道話( 185)威儀を正して、凛と佇むsit with dignity凛とした感じ、どうしたら創れるでしょうHow can I create a dignified feeling?直線には、太さがない点には、面積がないこんな幾何学の理屈がどうして坐禅のレポートに登場するのかA straight line has no thicknessA point has no area.This kind of geometry logic.Why does it appear in zazen reports?心で念じても、イメージしても凛とした感じは、湧き出...

続きを読む

正法眼蔵 辨道話( 184)坐禅は、5分間しただけでもまったく非日常的な印象を受けますZazen, even if you do it for only five minutesa totally extraordinary impression.運動や様々な仕事の動作と何が違うのでしょうWith exercise and various work activities.What is the difference構造力線建築・構造物を支える三角形その図形の線は限りなく細くするStructural Force LinesTriangles supporting buildings and structu...

続きを読む

たちまちに仏法を証得せんや

正法眼蔵 辨道話( 183)又このくにの出家人は、大国の在家人にもおとれり挙世 ko-se おろかにして、心量狭小なりふかく有為の功を執して、事相の善をこのむかくのごとくのやから、たとひ坐禅すといふともたちまちに仏法を証得せんや今も昔も、坐禅が流行る事はまずなかった中国といえども坐禅を行う修行道場が隆盛を誇ったのはある時代に限られますNow and then, zazen was never popular.Even though ChinaZazen training ce...

続きを読む

西天および神丹国は、人もとより質直なり

正法眼蔵 辨道話( 182)とうていはく「  西天および神丹国は、人もとより質直なり中華のしからしむるによりて、仏法を教化するにいとはやく会入 e-nyu す我朝 waga-tyo は、むかしより人に仁智すくなくして正種syo-syu つもりがたし番夷 ban-I のしからしむる、うらみざらんや13世紀における、各国の民度比較インドや中国の方と、日本人との比較A comparison of the quality of the people in the 13th century.Compariso...

続きを読む

It's mostly a list of facts.

正法眼蔵 辨道話( 181)自分の考えなど初めから存在しない「 思考 」 とは外界に他ならないThere is no such thing as one's own thoughts from the beginning.Thoughts are nothing but the outside world.見たもの経験した事を5・7・5 にまとめて言葉にしたものが、思考と言えますWhat you see, what you experience.We can say that a thought is a thought that is summarized in 5, 7, 5 words.私達は、「 思考...

続きを読む

Some saw the color of a flower and the Way became clear to them.

正法眼蔵 辨道話( 180)といていはく「 乾唐 ken-to の古今をきくに あるいは竹のこゑをききて道をさとり  あるいははなのいろをみてこころをあきらむるものありいはんや、釈迦大師は、明星をみしとき道を証し阿難尊者は、刹竿 se-kan のたふれしところに法をあきらめしのみならず、六代よりのち、五家のあひだに一言半句のしたに心地をあきらむるものおほしかれらかならずしも、かつて坐禅辨道せるもののみならんや ...

続きを読む

There is no such thing as one's own thoughts from the beginning.

ここにまったく違う 「考え方」「思考」 を有する二人の人物が相対したとしますお話しは、予想通りかみ合いません何故でしょう ?「 それぞれ、見る所が異なってる 」導かれる分析判断、そしてどう考えるか?異なって当たり前ですTwo people with very different "ideas" and "thoughts" are pitted against each other.The stories, as expected, do not mesh.Why is that?Each of us sees things differently.Analytical ju...

続きを読む

丙丁 byo-zyo 童子 do-si 来求火 ra-guka

正法眼蔵 辨道話( 178)むかし、則公 so-ko 監院 kan-nin といふ僧法眼 ho-gen 禅師の会中 e-tyu にありしに法眼禅師とうていはく「 則監寺 soku-kansu 、なんぢわが会 e にありていくばくのときぞ 」則公がいはく「 われ師の会にはんべりて、すでに三年をへたり 」禅師のいはく「 なんぢはこれ後生 go-syo なり なんぞつねにわれに仏法をとはざる 」則公がいはく、「 それがし、和尚をあざむくべからず かつて青峰...

続きを読む

We're going to put these back in their original straight lines.

正法眼蔵 辨道話( 177)このレポートで、たびたび取り上げてる命題です直線には、太さがない したがって、見る事は出来ない触る事も出来ない、感じる事も出来ないThis is a proposition that we often address in this report.Straight lines have no thickness.Therefore, they cannot be seenYou can't touch it.  It cannot be felt.足を組んで、椅子に坐ったとします椅子に当たってるお尻の一点左足裏の指先と踵計3点...

続きを読む

These are very fleeting words.

正法眼蔵 辨道話( 176)しめしていはく、このことば、もともはかなしもしなんぢがいふごとくならばこころあらんものたれかこのむねををしへんにしることなからんしるべし、仏法は、まさに自他の見をやめて学するなりもし自己即仏としるをもて得道とせば釈尊むかし化道 ke-do にわづらはじしばらく古徳の妙則をもてこれを証すべし私達の心が、そのまま仏であるそれが分かる事が核心であるなぜ、坐禅などする必要があるのか ?...

続きを読む

we carry with us.

正法眼蔵 辨道話( 175)閑さや岩にしみ入る蝉の声 How still it is hereStinging into the stones,The locusts' trill."岩の中へ、音が入っていくこれって何を表現してるのでしょうInto the rock, the sound goes.What does this represent?静かに坐してうんともすんとも感じない、身体の骨格に耳を澄ますSit quietly.Listen to the skeleton of your body, which you do not feel恐いまでの夜の静寂と荘厳それに似たものを...

続きを読む

No human habitation within a few kilometers

正法眼蔵 辨道話( 174)ぽつんと一軒家  数キロ圏内に人家なしisolated houseNo human habitation within a few kilometers昼間も寂しそうだしまして夜ともなれば、なおさらですThey look lonely in the daytime.And even more so at night.その夜の深さは、怖いくらいかもThe depths of that night could be frightening.この夜の清浄深淵へ、正気を保って分け入るInto the clean abyss of the night, we enter with our s...

続きを読む

the night would be very different than it is now.

正法眼蔵 辨道話( 173)そもそも論として仏とは、古来どのようにイメージされて来たのでしょう私達は、そこから始めなければ、進めませんin the first placeHow has the Buddha been imagined since ancient times ?We must start there before we can proceed!では、15世紀以前、近代以前の人々はどうだったんでしょうSo what about people before the 15th century, before the modern era?石炭や石油という燃料、そして...

続きを読む

このほかさらに

正法眼蔵 辨道話( 172)とうていはく「 あるがいはく、仏法には即心 soku-sin 是仏 ze-butu のむねを了達 ryo-tatu しぬるがごときはくちに経典を誦 zyu せず、身に仏道を行ぜざれどもあへて仏法にかけたるところなしただ仏法はもとより自己にありとしるこれを得道の全円 zen-en とすこのほかさらに他人にむかひてもとむべきにあらずいはんや坐禅辨道 ben-do をわづらはしくせんやこのような問いがなされました「 ある人が...

続きを読む

単伝の正法には

正法眼蔵 辨道話( 171)いはんやこの単伝の正法には入法出身、おなじく自家の財珍を受用するなり証の得否は、修せんものおのづからしらんこと用水の人の冷煖をみづからわきまふるがごとしOnly One として伝えられて来た坐禅なぜ、坐禅が Only One  なのでしょう ?Zazen has been handed down as the Only OneWhy is Zazen the Only One?生は、千変万化無限の展開を見せます鉱物しかり、植物、動物、そして人間その生は、...

続きを読む

正像末法 syo-zo ma-po をわくことなし

正法眼蔵 辨道話( 170)とうていはくこの行は、いま末代悪世にも、修行せば証をうべしやしめしていはく教家 kyo -ke に名相 myo-so をこととせるになほ大乗実教には正像末法 syo-zo ma-po をわくことなし修すればみな得道すといふこのような問いです坐禅は、最悪な時代でも、その意味があるでしょうかThe question is this.Does zazen make sense even in the worst of times?その答えです時代の性格は、否定できません今日は...

続きを読む

Causes of shadow

正法眼蔵 辨道話( 169)梅雨が明け、夏の陽射し地に降り注いでいますThe rainy season is over, and the summer sun is beating down on the land.しかし太陽の熱は、太陽に由来しませんBut solar heat does not originate from the sun現在進行形で宇宙を創造している光彼は、そのすべてを一身に受け止めていますThe light that is currently creating the universeHe takes it all in stride.受け止め、咀嚼し、宇宙へ返し...

続きを読む

when we look at the night sky, we feel nothing.

正法眼蔵 辨道話( 168)いつもと言うわけではありません自分が自分を、「 私 」 と言う時がありますNot always.There are times when I refer to myself as "I."意識しないと感じませんがこの時、私達は完全に閉じています この時、私達は、「 個 」 になってますWe don't feel it unless we are aware of it.At this time, we are completely closed. At this time, we are individuals.普段私達は、この閉じた図形...

続きを読む

逆人邪見みちをえき

正法眼蔵 辨道話( 168)又、釈尊の在世には、逆人邪見みちをえき祖師の会下 e-ka には獦者 ryo-sya 、樵翁 syo-o さとりをひらくいはんやそのほかの人をやただ正師 syo-si の教道をたづぬべしまた、釈尊の時代には虎のような心をもった者ですら、道を得ました坐禅が中国に伝えられたからは猟師や木こりであっても心身の浄化と荘厳を得たのです過去が現状を規定したように今行うことが、未来を切り開いて行きますAnd in the t...

続きを読む

「 entry to a country of 」 どんな国へ赴くのか ?

正法眼蔵 辨道話( 167)「 ノヴァーリス 」 のメモ帳にあった言葉です犯罪者は、苛酷で非人間的な扱いを受けても不当だと言って、文句をつけるわけにはいかないかれの犯罪は、暴力の国・暴虐の国への入国だったのだこの暴力の世界には、節度も均衡もないだから犯罪者には、その報いが釣合いを欠いているのではと不審がる事は出来ないのだThese are words from the notepad of "Novalis."Criminals cannot complain of hars...

続きを読む

仏法そのちからをうるものなり

正法眼蔵 辨道話( 166)国家に真実の仏法 弘通 gu-tu すれば諸仏諸天ひまなく衛護するがゆゑに王化 o-ka 太平なり聖化 sei-ka 太平なれば、仏法そのちからをうるものなり中国は宋の時代  960年 ~ 1279年 China during the Song Dynasty( 960 ー1279 )国中で多くの人々が、坐禅をなされていたMany people throughout the country were doing zazen.何気ない草木や空を行く雲々が、人々には神々しく見えたは...

続きを読む

世務の仏法をさまたげざる

正法眼蔵 辨道話( 165)こころざすもの、かならず心地 sin-ti を開明することおほしこれ世務の仏法をさまたげざる、おのづからしられたり中国は宋の時代  960年 ~ 1279年 China during the Song Dynasty( 960 ー1279 )老若男女問わず、職業を問わず、多くの人々が坐禅をなされていたMany people, young and old, men and women, regardless of occupation, were doing zazen.今坐禅しても、ぜんぜんピンとき...

続きを読む

Make it as thin as possible

正法眼蔵 辨道話( 164)直線 A B ですStraight line A Bこうして目でみえるのは、この線には太さがあるからThe reason we can see it this way is because these lines have thickness.算数を、頭の中で解く感じじゃなく身体で線を描き、その線を細くして行きます線の太さをどんどん細くしてゆく、極限まで細くしてみますIt's not like solving math in your head.Draw a line with your body and make it thinner and thi...

続きを読む

Make the line invisible

正法眼蔵 辨道話( 163)身体で、直角三角形を描く身体の中に、幾何学をイメージするDraw right-angled triangles with your bodyImagine geometry in your body同時に、この三角形は目には見えません何故って、その三辺は直線だからAt the same time, this triangle is invisible to the eyebecause its three sides are straight lines.線には、太さがないので見えるわけがありません何かマジックのような、煙に巻かれたよう...

続きを読む

祖道にとどめずといふことなし

正法眼蔵 辨道話( 163)大宋国には、いまのよの国王大臣、士俗男女ともに心を祖道にとどめずといふことなし武門、文家、いづれも参禅学道をこころざせり中国は宋の時代  960年 ~ 1279年 10世紀から13世紀China during the Song Dynasty( 960 ー1279 )10th to 13th centuriesこの時代、中国では国王から一般庶民まで老若男女問わず、職業を問わず、皆坐禅をなされたDuring this period, everyone in Chin...

続きを読む

The stars guide our voyage

正法眼蔵 辨道話( 162)坐禅が、流行らないのは理由があるかも知れません漠然と坐っていたら、その人を破壊してしまう可能性が大だからです危険性があるから、人は本能的に避けるのかも知れません正法眼蔵の研究者は多くおられるけど坐禅の研究者が稀なのは、理に叶ってると言えますThere may be a reason why zazen has not caught on!If a person sits vaguely, there is a great possibility of destroying him or her.Bec...

続きを読む

Two points cannot create a closed form.

正法眼蔵 辨道話( 161)二つの点があります2点を結ぶと、直線が形成されます当たり前すぎて、あくびが出そうで読み飛ばされますしかし、2点では、閉じた形を創る事が出来ないこれはどうでもいいお話しでしょうかThere are two pointsConnecting two points forms a straight lineIt's so obvious, you'll yawn or skip over it.But two points cannot create a closed form.Is this an unimportant story?三つの点がありま...

続きを読む

a role model

正法眼蔵 辨道話( 160)これは、官務にひまなかりし身なれども仏道にこころざしふかければ得道せるなり他をもてわれをかへりみ、むかしをもていまをかがみるべしこの人は、官務で暇のない身でしたが仏の教えへ志が深かったので、坐禅に道を得ましたこのような他の行跡をもって自己を顧みる事はよいことです昔をもって今の手本とするのですHe was a government official with little time to spare.but, He was deeply commit...

続きを読む

Why do we sleep ?

正法眼蔵 辨道話( 159)王侯貴族から貧しき人に至るまで私達は皆、日々起きて立って歩いて手を動かし腰をかがめますそして、疲れ果てて眠りにつきますそんな当たり前の事ですが身体をいつも、幾何学に合わせるこれって、どう言う事なんでしょう ?これに関連があるかもしれません私達は何故眠るのでしょう疲れ果てて、英気を必要とするから ・・ではなぜ、その間意識は途切れるのでしょうか寝ている間、私達は宇宙の端て、...

続きを読む

While performing his official duties

正法眼蔵 辨道話( 158)ちかごろ大宋 dai-so に、馮相公 hyo-syo-ko といふありき祖道に長 tyo ぜりし大官なりのちに詩をつくりて、みづからをいふにいはく公事 ku-zi の余 hima に坐禅を喜 kono む曾 katu て脇を将 motu て牀 syo に到 ita して眠ること少 mare なり然も現に宰官の相 syo に出 izu ると雖 iedo も長老の名、四海 sikai に伝わる中国は宋の国に、「 馮 hyo 」 と言う宰相がおられました公務の傍ら、坐禅を...

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


お日様は西の空へ落ち、消え行く
The sun falls into the western sky and disappears
そして、新たな力を携え東の空から登る
The next morning, with new strength,
it emerges from the eastern sky.

それは、気ままな振る舞いでしょうか ?
あるいは、強制されてそうしてるのでしょうか?
Is it a casual behavior?
Or are they forced to do so?

釈尊が伝えし坐禅の形
The Form of Zazen Passed Down by the Buddha
それは、私達が創る 「 夕刻西の空 」
It is the "evening western sky" that we create.
西の空へ、太陽が消え落ちるように
坐禅の骨格の中へ落ち、消えゆく
To the western sky, as the sun disappears
Falling into the skeleton of zazen and disappearing


日没後、お日様がどうなってるかは不明です
何も見えません、何も聞こえません
We don't know what the sun is doing after sundown.
Can't see anything, can't hear anything.


坐禅の骨格の中へ落ち、消えゆく
意識は普通に働いてますが
特別何かが起こることもありません
Falling into the skeleton of zazen and disappearing
My conscious mind is working normally.
Nothing out of the ordinary is happening.

真夜中の太陽
その消息は不明ですが
ご健勝であられる事は確かです
Midnight Sun
I don't know what happened to him,
but I'm sure he's in good health.





宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事