FC2ブログ

記事一覧

一顆の明珠 「 騎賊馬逐賊 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 27 )僧曰尽十方世界これ一顆の明珠用会作麼?いふべし、騎賊馬逐賊なり ------------------------------------------------------------------この一節はクイズ形式な思考パターンに対する玄沙師備禅師(835~908)の戒めでしょうかQ.尽十方世界とは?A.それ一顆の明珠あるいはQ.尽十方世界とは?A.知ってどうなさるんです?それらAnswer自体が熟考研鑽を通過せずオーム返しのようなお答え「 知...

続きを読む

一顆の明珠 「 不定法 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 26 )これは道取す昨日説定法なる今日二枚をかりて出気す 今日説不定法なり推倒昨日点頭笑なり------------------------------------------------------------------言葉の順序を逆にして表現してみるそれって言葉遊びですか?との?? なくもなき、ですね「 身心脱落、脱落身心 」この有名な言葉も何故、順序を逆になされるのか? です人、山を見 。山、人を見る 。そう、是は視点視座の自由移動哉、...

続きを読む

一顆の明珠 「 汝作麼生会 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 25 )玄砂来日問其僧尽十方世界是一顆明珠汝作麼生会?------------------------------------------------------------------尽十方世界これ一顆の明珠あなたはこれをどのように理解なさるのですか?玄砂禅師と僧との会話ですどう言う事なのか?常に新鮮に問う事は大事なりけり、でしょうか尽十方世界これ一顆の明珠これはガツンと威儀を正しその姿坐禅の如しなればこそ、でしょうか「 火 」「 熱 」そ...

続きを読む

一顆の明珠 「 現前の蓋時節 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 24 )嗣せざらんと廻避せんに廻避のところなかるべきにあらざれどもしばらく灼然廻避するも道取生あるは現前の蓋時節なり ------------------------------------------------------------------世界は地水火風で出来ているあっ、そうですか。別に回避するわけでもないでしょうが返答はそれ以上にもそれ以下にもならずが普通でしょうかこれは私達の視野が誕生と死の間にあるゆえ致し方なし、なのかもで...

続きを読む

一顆の明珠 「 嗣する 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 23 )この道取は仏は仏に嗣し祖は祖に嗣し玄砂は玄砂に嗣する道得なり ------------------------------------------------------------------その性に任ずの道理でしょうか水の性に任ず血行滞らずの時は血液の性が「 水の性 」になってる、の理でしょうか潔き断念これは目に見えない理念のようなものですが「 水の性 」が現じる時それは生きたものと存在が証明出来うる哉ですねはく息を送り与える風の...

続きを読む

一顆の明珠 「 用会作麼 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 22 )  いはゆるの道得を道取するに玄砂の道は尽十方世界是一顆明珠用会作麼なり ------------------------------------------------------------------「 用会作麼なり 」知ってどうしようとしてるのですか?何かイジワルおじさんの言葉のようにも感じますが理解納得それで終わってしまうそれを戒めておられるんでしょうね世界は地水火風で出来てる知る事は一秒あればすみますがそれを生きる事は中々...

続きを読む

一顆の明珠 「 一尺波 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 21 )すすみて一尺水一尺波を突兀ならしむべし いはゆる一丈珠一丈明なり ------------------------------------------------------------------地水火風水は、水を代表とし液状流れ行くものの性それを述べし哉、ですねその性の見えざる背景には潔い断念が抽象にあらず厳然として霊?としてあるとこの古人のレポートは見えざるものそれを述べてますので目で確認する事能わずですとは言え河の流れを観て...

続きを読む

一顆の明珠 「 大用現前 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 20 )学人如何会得この道取は僧の弄業識に相似せりとも 大用現前是大軌則なり ------------------------------------------------------------------どのように学べばいいんでしょうか?[ 学人如何会得 ]これは、切実な問いですねそのAnswerが学べるも学べないも色々あるけど一顆の明珠その働きは今も昔も厳然と機能されてる[ 大用現前是大軌則なり ]さて、この一顆の明珠その仕様書はいかなるものか?...

続きを読む

一顆の明珠 「 山河にあらず 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 19 )身今あり心今ありといへども、明珠なり彼此の草木にあらず乾坤の山河にあらず 明珠なり ------------------------------------------------------------------俳句や短歌広義の詩の真価は行間にあり、でしょうか一流ミュージシャンその生演奏に接しますとそこには音間 ? が生きてるように感じ候です言葉の意味音楽のジャンルその行間や音間に永遠の空間が感受出来るよな言葉の意味を追わず音楽...

続きを読む

一顆の明珠 「 亙古未了 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 18 )一顆珠は直須万年なり 亙古未了なるに亙今到来なり ------------------------------------------------------------------永遠お元気入道雲夕刻茜色のそら早朝の蝉さんの声20年前、50年前とお変わりなく候、と感じます慌ただしいこれが基本トーンに、気付けばなってる早朝威儀を正して静に佇むと、いろんな鳥さん達の声蝉さん達の声、その行間に永遠?と呼べるようなふか(深)たか(高) 区切...

続きを読む

一顆の明珠 「 道得なり 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 17 )是一顆珠はいまだ名にあらざれども道得なり これを名に認じきたることあり ------------------------------------------------------------------言葉と現物とはメニュー御品書きと実際食するお料理とは当然違いけり、とは申せ「 名は体を表す 」ネーミングも大事なりけりでしょうか尽十方世界これ一顆の明珠なんか明るく前向きになるような、ですそして言葉のイメージそれを実体化するスイッチそ...

続きを読む

一顆の明珠 「 機先の道理 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 16 )機先の道理なるゆえに機要の管得にあまれることあり------------------------------------------------------------------猛暑なれど夜空見上げれば星々は涼し気に微笑みけり一星なれど全天の光を受けてその身で消化して後その光を返照なされ候でしょうか星々の涼光はその星より発すれどその起源は天空全空より発し候でしょうか....

続きを読む

一顆の明珠 「 回頭換面 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 15 )情生智隔を隔と道取するこれ回頭換面なり展事投機なり逐己為物のゆえに未休なる尽十方なり ------------------------------------------------------------------・ 情生智隔 ・感情も程度問題でしょうか気付くと先鋭化してしまいクリアな智慧と遠く隔たりにけり、困ったものです・ 回頭換面 ・お顔の向き180度変更してみる!お外を見てる日常は、これ一本槍ですお顔の向き180度変更すると...

続きを読む

一顆の明珠 「 逐物為己 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 14 )尽十方といふは逐物為己逐己為物の未休なり------------------------------------------------------------------神妙威儀を正し己を他と観る如し客観的にこれを外に向けるは、何気してますが客観的にこれをこの身に向けるお馬さん御するが如しそれを習うにはこの身がいやな事せんにゃでしょうか神妙威儀を正す事坐禅の如しこれはこの身にとっては初めから楽し話しに非ずでしょうか一方心魂を鍛え...

続きを読む

一顆の明珠 「 兀々 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  13 )恁麼のゆえに昔日曾此去にして而今従此来なり 究辧するにたれか片々なりと見徹するにあらん たれか兀々なりと検挙するあらん------------------------------------------------------------------威儀を正す事坐禅の如しドローンを操るように身体用いるそれってあたかも身体の外いるかのようにしてるでしょうか生きていながら身体の外にいるようそれが可能なのは身体を造形するって言うお仕事が...

続きを読む

一顆の明珠 「 広大にあらず 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  11 )いま道取する尽十方世界是一顆明珠はじめて玄沙にありその宗旨は尽十方世界は広大にあらず微小にあらず方円にあらず中正にあらず 活発々にあらず露廻々にあらず ------------------------------------------------------------------慌ただしくせんようにしてがつんッ!と神妙、正面に威儀を正そうそう、今に向き合う時世界は違った感じで自己を開示なされるような私の在り様で世界は立ち上が...

続きを読む

一顆の明珠 「 黒 山 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  10 )師、来日却って其僧に問う尽十方世界是れ一顆明珠 汝そもさんか会(ui)せる僧曰く尽十方世界是れ一顆明珠会を用いて作麼  師曰く、知りぬ汝向黒山鬼窟裏に向かいて活計を作す ------------------------------------------------------------------玄沙禅師はその翌日昨日質問をなした僧へ質問なされました尽十方世界是れ一顆明珠これをどのように理解なされましたか?その僧は答えて尽十方世...

続きを読む

一顆の明珠 「 会を用いて作麼 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  9 )ときに僧問う承るに和尚言えること有り尽十方世界是れ一顆明珠学人いかんが会得せん師曰く尽十方世界是れ一顆明珠会を用いて作麼 (somo) ------------------------------------------------------------------師が述べられた尽十方世界これ一顆明珠それをどう理解すればいいんでしょうか?この問いに対し玄沙禅師の言葉は知ってどうなさるんですか?( 会を用いて作麼 somo )一見玄沙禅師は不親切...

続きを読む

一顆の明珠 「道をえてのち」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  8 )つひにみちをえてのち人にしめすにいはく尽十方世界是一顆明珠 ------------------------------------------------------------------尽十方世界これ一顆明珠 (イッカノミョウジュ)玄沙師備禅師は9世紀の方にて道元禅師はその300年後その足跡に出会いし事かと尽十方世界是一顆明珠お行儀よく威儀を正して神妙なる身の造形をなすこの坐禅の如しな身の Art そこで眼にかえりしは世界は、何て美しいんだ...

続きを読む

一顆の明珠 「 嗣する 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  7 )雪峰も衆のなかにすぐれたりとおもひて門下の角立なりとほめき ころもはぬのをもちいひとつをかへざりければもも、つづりにつづれけり はだへには紙衣をもちゐけり艾草をもきけり雪峰に参ずるほかは自余の知識をとぶらはざりけりしかあれどもまさに師の法を嗣するちから弁取せりき ------------------------------------------------------------------深くうなずくすごいィ!とその価値の中に深...

続きを読む

一顆の明珠  「 志 気 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  6 )日頃は釣りする人にてあればもろもろの経書夢にもかつていまだ見ざりけれども 志の浅からぬをさきとすればかたへに超ゆる志気あらはれけり ------------------------------------------------------------------志の、浅からぬこれは深い志をお持ちだァ!と云う事、でしょうか「 高く大きな志 」その言葉から来るイメージと「 深 き 志 」 と云う言葉から浮かぶイメージは、ちょっと違った感じ...

続きを読む

一顆の明珠 「 達磨不来東土 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  5 )師いはく達磨不来東土二祖不往西天といふに雪峰ことのほかほめき ------------------------------------------------------------------道を求めて旅にいでしがなにゆえ、お戻りか?この雪峰禅師の問いに対する玄沙禅師のお答えです達磨不来東土二祖不往西天幾千キロを超えインドから来られた達磨大師は中国東土へ来られておりませんこれはツバメさんにどっから来たの?どこへ行かれるの?て問...

続きを読む

一顆の明珠 「 人を誑さず 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  3 )雪峰とふ那箇か是れ備頭陀 玄砂いはく終に敢えて人を誑さず ---------------------------------道を求めて旅にいでしがなにゆえに、お戻りか?です答えていわく道を求めて旅にいでしにいつわりなしでは、玄砂禅師は何を発見なされたのか ?ですね....

続きを読む

一顆の明珠 「 痛自何来 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  2 )あるときあまねく諸方を参徹せんため嚢をたづさえて出嶺するちなみに脚指を石に築著して流血し、痛楚するに忽然と猛省していはく 「 是身非有、痛自何来 」 すなはち雪峰にかへる------------------------------------------------------------------なんかぱっとしないなぁ ~雪峰先生の所を離れ他を見てみようォ!その旅すがら石につまづき、痛ッ!この身は、有に非ずなのにこの痛みはどこか...

続きを読む

一顆の明珠  「 昼夜に弁道す 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  1 )娑婆世界大宋国福州玄砂山院宗位置大師法諱「師備」、俗姓者謝なり 在家のそのかみ釣魚を愛し舟を南台江にうかべてもろもろのつり人にならひけり 不釣自上の金鱗を不待にもありけん唐の威通のはじめたちまちに出塵をねがふ 舟をすてて山にいる そのとし三十歳になりけり浮世のあやうきをさとり仏道の高貴をしりぬ つひに雪峰山にのぼりて真覚大師に参じて昼夜に弁道す---------------------------...

続きを読む

行佛威儀 「 明者不賤用 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  99 )かくのごとくなるともに行佛の威儀なり亙天亙地、亙古亙今にも得者不軽微、明者不賤用なり------------------------------------------------------------------正法眼蔵 第六巻「 行佛威儀 」そのラストでしたありのまま自然体が一番である道元禅師はそのようにはおっしゃってないようなでした真摯に身を正し威儀をたたすべしクリーニング学を学びその奥義を極めようともクリーニング屋さんは真...

続きを読む

行佛威儀 「 佛作佛 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  98 )一言はかくるることなく勘破しきたる維摩詰をも非維摩詰をもしかあればすなはち法説佛なり法行佛なり、法證佛なり佛説法なり佛行佛なり、佛作佛なり------------------------------------------------------------------回鍋肉定食頼んじゃったんでさらに味噌ラーメンはさすがに断念致しましたそぉ普通断念と言うとしたかったけど出来なかったザムネン!な感じでしょうか寿命が尽きておかくれにな...

続きを読む

行佛威儀 「 葛藤窠 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  97 )しかあればすなはち三世の諸佛は三世に法をとかれ三世の法は三世に諸佛にとかるるなり葛藤窠の風前に剪断する亙天のみあり------------------------------------------------------------------静かに坐してみる実際、そうしてみると嵐が吹き荒れてるって 実感しますほとんどはばかな事してもうたな、慙愧後悔の嵐哉ですね静に坐してみると葛藤窠の風前に立たされているようですそこでじっと立っ...

続きを読む

行佛威儀 「 法ほとけをとく 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  96 )いはゆるほとけ法をとく事はきくところなりといへども法ほとけをとくことはいくかさなりの不知をかわづらひこし------------------------------------------------------------------なんて美しいんだろうォ!何気ない四季のうつろいその中に驚きと感動それを感得出来る方は幸いなりッ! でしょうか死に死にて世界の春は蘇りこの歌は仏教・禅の道歌と言うよりかキリストへの帰依を通し世界を再発...

続きを読む

行佛威儀 「 去聖方遠 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  95 )よろこぶべしこの皮袋子むまれたるところは去聖方遠なりいけるいまは去聖時遠なりといへども亙天の化導なほきこゆるにあへり------------------------------------------------------------------朝目覚めの瞬間心魂はまだ身体に深く入り込んでいないそのように感じるのは錯覚でしょうか?去聖方遠去聖時遠とはこの身体へあまりに深くはまり込み過ぎてるその状態を述べしかと世界は荘厳壮大なれど...

続きを読む

行佛威儀  「 晩進の光明 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  94 )この道は眞箇これ晩進の光明なりたとひ烈焔にくらしといふとも亙天におほはればわれその分あり他この分あり亙天のおほふところすでにこれ烈焔なり這箇をきらうて用那頭は作麼生なるのみなり------------------------------------------------------------------坐禅とは?Simpleな問いですその実際から推測してみるとその実際はSimpleな身体のコントロール身体の造形と言えます坐禅とは?その意味...

続きを読む

行佛威儀 「 道あり 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  93 )いま圜悟さらに玄沙に同ぜず雪峰に同ぜざる道ありいはゆる烈焔亙天はほとけ法をとくなり亙天烈焔は法ほとけをとくなり------------------------------------------------------------------江戸時代幕末までは武士や武道家坐禅をたしなむはありふれた事だった瞑想やご修行と言うより静止系スポーツだったのではないか?じっとしてますと血行滞り眠たくなるそう↑はなってなかったそう、推測されま...

続きを読む

行佛威儀 「 道 放 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  92 )黒白互換のこころ玄沙の神鬼に出沒すといへども雪峰の声色いまだ黒白の際にのこらずしかもかくのごとくなりといへども玄沙に道是あり道不是あり雪峰に道拈あり道放あることをしるべし------------------------------------------------------------------筋肉の特性とは?と言う問いです伸ばされる戻ろうとする A → ← Bこの収縮性精神文字?で表現致しますと伸びようとするその事の「 断念 」と...

続きを読む

行佛威儀 「 互換の投機 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  91 )圜悟いはくの猴白と將謂するさらに猴黒をさへざる互換の投機それ神出鬼沒なりこれは玄沙と同條出すれども玄沙に同條入せざる一路もあるべしといへども火焔の諸佛なるか諸佛を火焔とせるか------------------------------------------------------------------すごいィ!と云う感動の熱そのCatchballで創造の連鎖は進みけりさて受け渡し授受があるとはそこに時間がある?と云う事でしょうか行った...

続きを読む

行佛威儀 「 師資の閫奥 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  90 )且道すらくは火焔の法を立地聴しもてゆくに畢竟じて現成箇什麼いはゆるは智、師に勝るなるべし智、師に等しなるべしさらに師資の閫奥に参究して三世諸佛なるなり------------------------------------------------------------------美味しいィ!なんて美味しい味噌ラーメンなんだろう!作られたおやじさん微笑なされてさらに作り続ける意欲おおいにおおいに湧いて来るでは自然の風景天空の星々は...

続きを読む

行佛威儀  「 鉄樹、花開いて 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  89 )一道の化儀たどるべきにあらずたどらんとするに箭鋒相せり火焔は決定して三世諸佛のために法す赤心片片として鉄樹、花開いて世界香ばしなるなり------------------------------------------------------------------ギターやピアノ弦をどう調律するかどんな感じの張りにおさめよかギリシャ人は背骨を「 アポロンの竪琴 」と名付けられたとの由背骨のどこに弦が張ってらっしゃいます?ですね目の前...

続きを読む

力 ( 筋肉収縮力 ) の連鎖

正法眼蔵「 行佛威儀 」  88 )しるべし聴受者もおなじくこれ爲難なり勝劣あるにあらず立地聴これ最尊なる諸佛なりといふとも立地聴法あるべきなり立地聴法これ三世諸佛なるがゆえに諸佛は果上なり因中の聴法をいふにあらずすでに三世諸佛とあるがゆえにしるべし三世諸佛は火焔の説法を立地聴法して諸佛なり------------------------------------------------------------------お辞儀とは?両手を八の字にして股関節にそえます...

続きを読む

クロスシンドローム

正法眼蔵「 行佛威儀 」  87 )釋牟尼佛のいはく若し此の経を説かんは則ち我を見ると爲す一人の爲に説くは是れ則ち難しと爲すしかあれば能説法は見釈迦牟尼佛なり則爲見我は釈迦牟尼なるがゆえに又いはく我が滅後に於て此の経を聴受し其の義趣を問ふは是れ則ち難しと爲す------------------------------------------------------------------火焔 Kaenすごいな ぁ!と言う熱の感動を捧げるて言ってもそんな驚きと畏敬感動を持...

続きを読む

行佛威儀 「 立地聴法 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  86 )玄沙の道かくのごとくなりといへども参学の力量とすべきところありいはゆる経師論師の大乗小乗の局量の性相にかかはれず佛佛正伝せる性相を参学すべしいはゆる三世諸佛の聴法なりこれ大小乗の性相にあらざるところなり諸佛は機縁に逗する法ありとのみしりて諸佛聴法すといはず諸佛修行すといはず諸佛成佛すといはずいま玄沙の道にはすでに三世諸佛立地聴法といふ諸佛聴法する性相ありかならずしも...

続きを読む

行佛威儀 「 諸佛の法なり 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  85 )三世諸佛の聴法は諸佛の法なり他よりかうぶらしむるにあらず火焔を法と認ずることなかれ火焔を佛と認ずることなかれ火焔を火焔と認ずることなかれまことに師資の道なほざりなるべからず將謂赤鬚胡のみならんやさらにこれ胡鬚赤なり------------------------------------------------------------------神妙に姿勢を正す行佛威儀、坐禅の如し土(身体)にやどるか風(息)にやどろか火(感動の熱)にやど...

続きを読む

行佛威儀 「 火焔同転法輪 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  84 )爲三世諸佛説法する火焔又転大法輪すやいなや玄沙もいまだいはず転法輪はこのときなりと転法輪なしといはずしかあれども想料すらくは玄沙おろかに転法輪は法輪ならんと会取せるかもししかあらばなほ雪峰の道にくらし火焔の三世諸佛のために説法のとき三世諸佛立地聴法すとはしれりといへども火焔転法輪のところに火焔立地聴法すとしらず火焔転法輪のところに火焔同転法輪すといはず............--...

続きを読む

行佛威儀 「 火焔 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  83 )玄沙の道に火焔爲三世諸佛説法三世諸佛立地聴といふこれは火焔たとひ爲三世諸佛説法すともいまだ転法輪すといはずまた三世諸佛の法輪を転ずといはず三世諸佛は立地聴すとも三世諸佛の法輪いかでか火焔これを転ずることあらん---------------------------------------------------------------------------------火焔 Kaenすごいなぁ!と魂が熱くなる畏敬感動の熱ですねこれが人のみならず天地自然...

続きを読む

行佛威儀 「 大小広狭 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  82 )火焔の三世諸佛を在裏せしむる一無盡法界二無盡法界の周遍のみにあらず一微塵二微塵の通達のみにあらず転大法輪を量として大小広狭の量に擬することなかれ転大法輪は爲自爲他にあらず爲説爲聴にあらず------------------------------------------------------------------認知症?ある年齢になれば致し方なし、でしょうか死んだ後自己の魂の一部は継続してゆくとしたら、生まれる前から自己の魂の...

続きを読む

行佛威儀 「 佛威儀 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  81 )雪峰の在火焔裏転大法輪かならず委悉に参学すべし玄沙の道に混乱することなかれ雪峰の道を通ずるは佛威儀を威儀するなり------------------------------------------------------------------息を吸う時は伸びやかですが息を吐く時は十字中心へ消え行く如しこの↑積極的「 断念 」って何に積極的で何を断念しようとしてるのかな?ですね十字中心へと消え行くようにこれって飛行機乗って海外旅行に...

続きを読む

行佛威儀 「 宗旨あるべし 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  80 )又、三世諸佛爲火焔法といはず三世諸佛爲三世諸佛転大法輪といはず火焔爲火焔転大法輪といはざる宗旨あるべし------------------------------------------------------------------目的・目標があってその上で行う「 行為 」 ってそんな感じでしょうか?行佛威儀、坐禅の如しこれも様々動機目標から行為しえる、でしょうか正確に十字な如くに姿勢を形成する息でラインを形成して行くこれ↑って超...

続きを読む

行佛威儀 「 転法 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  79 )雪峰の道まさしく転法を道取すれども転法の処在かならずしも聴法不聴を論ずるにあらずしかあれば転法にかならず聴法あるべしときこえず------------------------------------------------------------------墨をすって心を澄まして筆をはしらせば ・・これって思想信条とか宗教とかじゃなくSimple「 行為 」かといまどき墨をする人おられますか?でしょうかインクを作るため墨をすったにあらず神...

続きを読む

行佛威儀   「 処在 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  78 )玄沙いはく火焔の三世諸佛のために法するに三世諸佛は立地聴法すこの道をききて玄沙の道は雪峰の道よりも道得是なりといふかならずしもしかあらざるなりしるべし雪峰の道は玄沙の道と別なりいはゆる雪峰は三世諸佛の転大法輪の処在を道取し玄沙は三世諸佛の聴法を道取するなり------------------------------------------------------------------演奏される側とそれを聴かれる側対〃 とは言え感...

続きを読む

行佛威儀 「 法輪 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  77 )三世諸佛転法輪道場なるがゆえに火焔あるなり火焔あるがゆえに佛の道場あるなり------------------------------------------------------------------輪郭さわやかッ!こう↑ありたいものですね「 輪 Rin 」わっかァ、閉じてる!円と言い、輪と言いそれが閉じてるとこが輪 Rin たる所以でしょうかそしてその書き順ですね円を描かず輪郭から中心を目指す小さくなる求心性から中心へと滅してゆくこの...

続きを読む

行佛威儀 「 量を超越 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  76 )これらの量に量ぜられざればすなはち三世諸佛在火焔裏、転大法輪なりすでに三世諸佛といふこれ量を超越せるなり------------------------------------------------------------------頭スッキリィ!&草花や雲の中に大きな感動を見出せる軽くて↑深いそんな感受性持った人がいいですねこの新鮮な軽さって簡単には得る事能わずなのかも知れませんがっかり、とかむなしさ、とかそのさらに先へ進むと...

続きを読む

行佛威儀 「 転大法輪 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  75 )しかあればすなはち火焔は佛の転大法輪の大道場なりこれを界量、時量人量、凡聖量等をもて測量するは、あたらざるなり------------------------------------------------------------------神々の位階ある太古の神がさらに太古な神を見上げて感嘆の念を起こせしその感動の流出から新たな太古の神が生まれし一神、多神と言うよりか神々にも先輩後輩脈々とあり、でしょうかすごいィ!て人が感動出来...

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
60歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい

https://ozigi.info/


















.

最新記事