FC2ブログ

記事一覧

谿声山色 37 「 浄心一現 」

正法眼蔵 谿声山色  37「 浄心一現 」浄心一現するとき自他おなじく転ぜらるるなりその利益 riyaku あまねく情、非情にかうぶらしむ ( 坐して裸の魂が ( 過去の現実と向き合う時 ( 後悔や恥ずかしさを通り越し ( 氷つくような火に焼かれるよう感じます ( 幾千度の高温とマイナス何十度の低温が ( 同時に襲って来るようです ( 一見恐ろしく感じます、でも ( 踏ん張って立ち続けられると気付きます ...

続きを読む

谿声山色 36 「 懺悔 san-ge 」

正法眼蔵 谿声山色  36「 懺悔 san-ge 」又、心も肉も、懈怠 ke-dai にもあり不信にもあらんには誠心をもはらして前仏に懺悔 san-ge すべし ( 身も心も晴れず ( 確信は遥かに遠く ( その時こそ勇気を出して ( 威儀を正し (  「 眼 」 の十字架で ( 心身を貫くのです恁麼 in-mo するとき前仏懺悔の功徳力われをすくひて清浄ならしむこの功徳、よく無礙 muge の浄心精進を生長せしむるなり ( 坐で威...

続きを読む

谿声山色  35 「 田地 den-ti 」

正法眼蔵 谿声山色  35「 田地 den-ti 」善知識この田地 den-ti にいたらんとき人天の大師なるべしいまだこの田地にいたらずみだりに為人 i-nin の儀を存せん人天の大賊なり ( 火祭りの炎だけでなく ( 森羅万象谿声山色 ( そして私達の心身も ( 決められた時間の中 ( その炎を尽くそうとする ( 火の営みです ( その火が、光となり音となり ( 壮大な音楽を奏でてる ( これは冷徹なレポートであ...

続きを読む

谿声山色 34 「 弥天 mi-ten 弥綸 mi-rin 」

正法眼蔵 谿声山色  34「 弥天 mi-ten 弥綸 mi-rin 」このゆゑに、俗いはく「 弥高 mi-ko 弥堅 mi-ken なり 」 先仏いはく「 弥天 mi-ten 弥綸 mi-rin なり 」 春松 syun-syo の操あり秋菊の秀ある即是 soku-ze なるのみなり ( 高くゆきわたり、あまねく堅固である ( 一般にはこうレポートされています ( かたや、仏のレポートはこうです ( 久しき天は ( 弦が奏でる音で満ちている.........※ 「綸 rin 」...

続きを読む

谿声山色 32 「 大仏小仏 」

正法眼蔵 谿声山色  32「 大仏小仏 」見仏にも自仏他仏をみ大仏小仏をみる大仏にもおどろきおそれざれ小仏にもあやしみわづらはざれ ( 単純な 「 一人坐す 」 ( 自分の坐があり、人の坐があります ( 祖師方の坐があり ( ささやかな己の坐があります ( 先人の坐に恐縮したり ( 己の坐を卑下しあやしむ事は ( まったく無意味です ( 空を彩る、同じ一火一星だからです....

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

62歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )











.

最新記事