FC2ブログ

記事一覧

from here to there.

面壁と水晶 ( 4 )秦の始皇帝以降、建設が継続された万里の長城軍事的目的(防衛)もあったのでしょうが、我が国は 「 ここからここまで 」 、 と言う国境可視化これが大事だったそのような説がありますThe Great Wall of China, whose construction has continued since Qin Shi HuangdiAlthough it may have been for military purposes (defense), it was important to visualize our country's borders, to say from h...

続きを読む

万像の中独露身

面壁と水晶 ( 3 )「 万像の中独露身  更に何の処に於いてか根塵を著けん   首を回らして独り枯藤に倚って立てば  人、山を見  山、人を見る       」大智禅師 daiti-zenzi の 偈頌 ge-zyu  私は、ここにいる。 世界は、そこにある。私は、私。世界は、世界です。別ものです私は世界を見てます。世界は、私を見てます。まるで、一つのようですI am here. The world is out thereI am me. The world ...

続きを読む

live in skin (walls)

面壁と水晶 ( 2 )素朴な疑問です万人が皮膚(壁)を持ち、皮膚(壁)の中に住んでますとは言うものの、「 私はここにいる 」 そんな感じはしませんSimple question.All people have skin (walls) and live in skin (walls)Having said that, I'm here, I don't feel that way.....

続きを読む

視力を目の所で止める

面壁と水晶 ( 1 )頭で天を衝き、腰を大地に埋めるWith your head, hit the sky.Bury your waist in the earthでも、これでは頭頂と腰には壁が出来ますが、前後には壁がありませんこのように坐っても、凛々しい感じはしても、特別な感じはしませんBut this is not enough.A wall is formed at the top of the head and at the waist,but not at the front and back.Sitting like this, you may feel dignified,but you don...

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ