猫ちゃんストレッチ




お疲れ様ですっ!
さて、本日のA4レポートは、!
コチラでした 。

20170228008_20170228065043f6f.jpg


 「 なんだッコリャ~? 」


20170228007.jpg



初め、嫌悪感を持つくらいでちょうどエエ
YouTube で画家の岡本太郎さんのお話しを聞いてると
そりゃおっしゃってる事は半端ないですね

確かに、ああキレイだっ!ちゅうのは
少しばかりの感動を覚えますが
それで何だっちょうとそれでオシマイ
でしょうか

なんだッコリャ~? ちゅうのは
その対象の良し悪しを超えて
こちらに それに耐えれ る
心魂の強さを求めて来る

岡本太郎さんを映像で拝見致すに
身体もごっつう感じられますね
心魂の強さと筋肉が
仲よう協調されてる感じでしょうか



………………………………… 2017/2/28







お疲れ様ですっ!
さて、本日のA4レポートは、!
コチラでした 。


20170228006.jpg





 「 心と筋肉が一致する? 」


20170228005.jpg


忙しゅうて、何か知らんけどいつもそう
あっちゅうまに一年が過ぎちゃう
何かそんな感じもせんでもないです

長い時間をかけて、修練するご修行する
能力を成長へと導く
そんな余裕はどこにあるんすか? ですね

現場でお仕事なされる方、職人さん
店頭に立つ販売系の方、サービス業の方
いや、一日事務所におられる内勤の方も
対人関係と言う意味では身体をはっちょる
とも言えるでしょうか

皆様、身体をはってお仕事されちょる

精神論がイマイチなんは、
その「心」を思い浮かべる事はできても
それを筋肉に伝えられん反映でけん
そこに課題があるんカモ、でしょうか




………………………………… 2017/2/27









お疲れ様ですっ!
さて、本日のA4レポートは、!
コチラでした 。


20170228004_2017022806504652e.jpg



 「 心を、真似る ? 」


20170228003.jpg



いつも見てるんは、NETやテレビ・雑誌
なかなか現物を生で見る機会はないですね

絵や彫刻も、実際美術館や博物館に足を運んで
間近に対峙してみると
そりゃやっぱ迫力がちゃうなァ~ チュ時もある
そうでない時もある

どれもこれも、何時でも何処でも
と言うわけでは無いでしょうが
外見の中に外見の中から
その精神性? 内的な?もんが飛び出してる
こちらに伝わって来る時もたまにある

絵や造形だけじゃなく文章でもあるし
植物や風景ん中にも感じる時もある
でしょうか


………………………………… 2017/2/26








お疲れ様ですっ!
さて、本日のA4レポートは、!
コチラでした 。


20170228002_20170228065047649.jpg



 「 見て、真似る ? 」


20170228001.jpg




モノマネ芸人さん?がおられますが
よう似てて思わず笑っちゃいます

テレビで陸上100mやフルマラソンを見て
おッーそう走るんかい!ちゅうて
外に飛び出してその走りを真似してみる
普通、そう ↑ はせんですね
中華、土台真似できないから
真似しようとも思わない
なして、真似できないのか?
こりゃそれなりの問題でござるでしょうか

外見・動きを見て
そうするわけですか!
そう発見できる時って
それなりの修練をお積みになった後
それは想定できるカモ、でしょうか



………………………………… 2017/2/25













.
  1. 2017/02/28(火) 07:08:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

お疲れ様ですっ!
さて、本日のA4レポートは、!
コチラでした 。


20170224001.jpg







「 tendon 」

0005037894F2_740x555y.jpg



揚げたての天ぷらを頂く!
美味しゅうございますですね

そう、tendonちゅえば是は「 腱 (ken) 」の事ですか?
そしてKenと言って思い浮かぶは「アキレスken」
踵の骨とふくらはぎの筋肉をジョイントされちょる
ここが切れますと「接点喪失」チュ事態
二進も三進もいかん!と相成り候です

力の伝達・流通は「点」でなされる!
是は ↑ 一見一読、観念論抽象論精神論にも
とれなくもないですが、 ・ ・
実際、身体を運用する時この意識がないと
自力(筋力)で身(腱)を壊す・ゆがめるは避け難し
は当然かも知れません

「 X 」 の文字の如く集約ゼロまで行って反転して盛返す
力の伝達・ハーモニーは身体的にはそうなっちょる
として、なしてそうでけないのか?
「こころ」がそれに付いて行けないから
なのかも知れません 。
古来、虚心とか無心、あるいは「潔さ」を尊ぶのは
そこでend終わるでなく、 「 X 」 の文字の如く
ゼロを通過して反転して力が放射される
その理を述べてるのかも知れません




......................................................2017/2/24






.
  1. 2017/02/24(金) 13:45:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

お疲れ様ですっ!
さて、本日のA4レポートは、!
コチラでした 。





20170223001.jpg





 「 キュートな御身体 」

c0212341_812169600.jpg





いつもコーヒーや紅茶を頂く時は
蜂蜜をちょぴっと足して飲んじょります
「いつもお世話になっております!」 でした

ミツバチさんの御身体、こうして拝見致すに
前半分と後半分が 「 X 」 に交差されておられる
「 X 」 ちゅう文字を図形として見ますと
(左から右へと時間が経過するとして )
左から集中集約し、しまいにゼロに滅し
ほして右から上下反転してまた再生復活しちょる

身体を動かす動力は筋肉はんが担っちょる
とは言え骨を直接動かしている、ではなく
筋肉の力・ベクトルは一度 「 腱 (ken) 」 に
集約しそこで骨はんに繋がっちょる (らしいです。)

立つ歩く日常の何気動作
気脈を 「 X 」 に用いる
なんチュ作戦も、ありでしょか





..........................................................................2017/2/23








.
  1. 2017/02/23(木) 12:10:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:0




お疲れ様ですっ!
はいっ!今日のA4レポートは
頭を下げる云々でした。




20170222002.jpg








 「 [頭を下げない!] ? 」



20170222001.jpg

申し訳なかった。ごめんなさい。
人にもよるんでしょうが
少し時間が経って振り返ると
ほぼすべてと言っていいほど
そのような感想になっちゃいますね

軽く会釈した ・ ・
これを運動/スポーツ/動作的に見ると
曲げてる所は、かなり上の方でしょうか
一方、ちゃんとお辞儀した ・ ・
( そう言う機会はまず無いですが )
こちらは、身体の中心で曲げてる
そんな感じがしますですね

上記図の青印・身体の中心で曲げても
不安定にはならない、そんな感じがします
一方、頭を曲げる(下げる)と
ひっくり返えっちゃうんじゃないか?
そんな印象を受けますね




.........................................................
2017/2/22







.
  1. 2017/02/22(水) 09:35:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:0



お疲れ様ですっ!
さて、本日のA4レポートわっ!
コチラでした 。




20170221001.jpg







「 求心力 ≧ 遠心力 ? 」

20170221002.jpg
.......................................   ( ケンタウルス座の渦巻銀河NGC4622 )



ブランコに滑り台、鉄棒にジャングルジム
それに、かけっこやプール遊びぃッ
一度は遊んだ経験あるよなぁ~です
ほんじゃ!
「 ハンマー投げ 」 しちょった経験あるかっちゅうと
こりゃまぁ普通は経験梨ですね
今、検索致しましたら、あの先に付いちょる鉄の玉
7 キロもあると! それをグングン振り回し
ぶん投げるんですから、ホリャ選手の方はお相撲さんみたい
身体がゴッツイ!は、さもありなんでしょうか
あの競技をテレビで見ますに 投げる前に何度か回転してる
グルんグルんして、その時 「 求心力 ≧ 遠心力  」
そうなっちょるんでしょうか

日常の実体感・実身体感においても
こころはともかくとして
身体では求心力が勝っちょる
それがキープでけてれば
こころが乱れても じきに身体に [ 乗じて!]
落ち着きを取り戻されよう
ちゅうもんでしょうか




..............................................................
2017/2/21






.
  1. 2017/02/22(水) 09:31:58|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

お疲れ様ですっ!
さて、本日のA4レポートわっ!
コチラでした 。


20170220007.jpg










「肛門をしめるってどんな意味が?」

20170220006.jpg



ヨガや武道、多くの健康法で「肛門をしめる」
その事の重要性が指摘されています
本日は、こりゃ単純簡単ちゃうすか?
と言う「輪ゴム伸ばし」法のご案内でした

輪ゴムのどっか端をキチット握って押さえて(☆印のトコ)
そうして引っ張りますと、そりゃ輪ゴムさんは戻ろう
ちゅう青色のベクトルを俄然発揮される
その力は元々輪ゴムさんがお持ちだったかも知れませんが
一か所の固定&伸ばす、これで初めて発揮されるとも ・ ・
肛門 (☆ ) で腹筋の端を固定し、お辞儀した時の戻りのように
腹筋を伸ばせば、そう腹筋さんは戻ろうとしますので
「青ベクトル」の力をお出しになる
この力は身体の中心へ向かってますので、
このベクトルに 「 乗じて ! 」
「心」を身体の中心へ静めるチュ作戦も可能な事かと

( 不安な時、心を身体の中心へと鎮める事が出来る!
是はほぼ? 超能力?ではないかと )





2017/2/20












.
  1. 2017/02/20(月) 14:17:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:0



お疲れ様ですっ!
さて、本日のA4レポートわっ!
コチラでした 。


20170218011.jpg









「筋肉は、どのように力を出すのか?」

20170217034.jpg





「筋肉が筋肉自体の中心方向に向かって
            能動的に力を発揮すること」

学術的定義 ↑ は、 こうなそうです。
ようするに、伸ばそうとすれば反発して戻ろうとする
そう、自己の中心へ帰えろうとする
そう言えば、どっかお出掛けしても、行きの道より
帰り道の方が速く感じるのは、身体(筋肉)のせいも有るかもです

「踏ん張る」というアクションも蹴ると言うより
足の裏を固定してそして腹筋を伸ばせば
腹筋は「戻ろう!」としますので
腹筋を使い「踏ん張る」という感覚もありですね







2017/2/19













  1. 2017/02/20(月) 14:13:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:0