FC2ブログ

記事一覧

行佛威儀  「 所護念 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  7 )曹谿いはくただ此の不染汚是れ佛の所護念なり汝もまた是の如し吾もまた是の如し乃至西天のもまた是の如し------------------------------------------------------------------ピタゴラスの定理a² + b² = c²を読んでもあまり感動をおぼえず、ですかたや、腹筋を頭からの垂線に対して垂直に交わるよう向けると前方に対して強固なバランスがとれた「求心性」が形成されるような、ですね6本の三次元座...

続きを読む

行佛威儀 「 修 証 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  6 )しかあればすなはち修証は無にあらず修証は有にあらず修証は染汚にあらず無佛無人の処在に百千万ありといへども行佛を染汚せずゆえに行佛の修証に染汚せられざるなり修証の不染汚なるにはあらずこの不染汚、それ不無なり------------------------------------------------------------------「修」と「証」に、時間差が発生しない「する」事がそのままイコール「あかし」となる一体何のお話しですか...

続きを読む

行佛威儀 「 百年抛却 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  5 )かるがゆえに我れ本より菩薩道を行じて成る所の寿命今なほ未だ尽きずまた上の数に倍せり知るべし菩薩の寿命いまに連綿とあるにあらず仏寿命の過去に布遍せるにあらずいまいふ上数は、全所成なりいひきたる今猶は、全寿命なり我本行たとひ万里一條鉄なりとも百年抛却任縦横なり。------------------------------------------------------------------「百年抛却、任縦横なり。」------「抛」   な...

続きを読む

行佛威儀 「 法性の縛 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  4 )教家経師論師等の佛道を遠聞せるなほしいはく法性にして法性の見を起す是れ無明なりこの家のいはくは法性に法性の見おこるに法性の縛をいはずさらに無明の縛をかさぬ法性の縛あることを知らずあはれむべしといへども無明縛のかさなれるを知れるは発菩提心の種子となりぬべしいま行佛、かつてかくのごとくの縛に縛せられざるなり------------------------------------------------------------------...

続きを読む

行佛威儀 「 仏縛 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  3 )仏縛といふは菩提を菩提と知見解会する知見、解会に縛せられぬるなり一念を経歴するになほいまだ解の期を期せずいたづらに錯解す菩提をすなはち菩提なりと見解せんこれ菩提相応の知見なるべしたれかこれを邪見といはんと想憶すこれすなはち無繩自縛なり縛縛綿綿として樹倒藤枯にあらずいたづらに仏辺の窟に活計せるのみなり法身のやまふをしらず報身の窮をしらず----------------------------------...

続きを読む

行佛威儀 「 覚をまたざる 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  2 )しるべし佛の佛道にある覚をまたざるなり佛向上の道に行履を通達せること唯行佛のみなり自性佛等夢也未見在なるところなりこの行佛は頭頭に威儀現成するゆえに身前に威儀現成す道前に化機漏泄すること亙時なり、亙方なり亙佛なり亙行なり行佛にあらざれば佛縛法縛いまだ解せず佛魔法魔に黨類せらるるなり。------------------------------------------------------------------「 覚をまたざる 」何...

続きを読む

行佛威儀 「 威儀行足 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  1 )佛かならず威儀を行足すこれ行佛なり行佛それ報佛にあらず化佛にあらず自性身佛にあらず他性身佛にあらず始覚本覚にあらず性覚無覚にあらず如是等佛たえて行佛に斉肩する事うべからず------------------------------------------------------------------正法眼蔵 第六巻は「 行佛威儀 」でした朝に、白ご飯昼に、カレー本体晩に、らっきょう漬け別々に食べたけど何か、食べた気がしないなぁ美味し...

続きを読む

即心是仏 「 参学の亀鑑 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  11 )大証国師は曹谿古仏の上足なり天上人間の大善知識なり国師のしめす宗旨をあきらめて参学の亀鑑とすべし先尼外道が見処としりてしたがふことなかれ------------------------------------------------------------------道元禅師の即心是仏は威儀を正した時その時心身は即心是仏だとそぉ大証国師や道元禅師は体育と学問(理念)と芸術(美)がまだ分業化していなかった古代ギリシャの教育者のようです中...

続きを読む

即心是仏 「 見聞覚知 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  10 )他の壇経を把って改換し鄙譚を添糅して聖意を削除し後徒を惑乱す豈に言教を成さんや苦しき哉、吾が宗喪びたり若し見聞覚知を以て是を仏性と為さば浄名は応に法は見聞覚知を離る若し見聞覚知を行ぜば是れ則ち見聞覚知にして法を求るに非ずと云ふべからず------------------------------------------------------------------この一節も南陽慧忠禅師の「外道」に関する所見です所見?と言うより慧忠...

続きを読む

即心是仏 「 一の神性 」

正法眼蔵「 即心是仏 」  9 )師曰く若し然らば彼の先尼外道と差別有ること無し彼が云く我が此の身中に一の神性有り此の性能く痛癢を知り身の壊する時神は則ち出で去る舎の焼かれて舎主出で去るが如し舎は即ち無常なり舎主は常なりと此の如きを審するに邪正辨うること莫し孰れか是と為や吾れそのかみ遊方せしに多く此の色を見る近ごろ尤も盛んなり三五百衆を聚却めて目に雲漢を視て云く是れ南方の宗旨なりと--------------------...

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
60歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい

https://ozigi.info/


















.

最新記事