FC2ブログ

記事一覧

一顆の明珠 「 黒 山 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  10 )師、来日却って其僧に問う尽十方世界是れ一顆明珠 汝そもさんか会(ui)せる僧曰く尽十方世界是れ一顆明珠会を用いて作麼  師曰く、知りぬ汝向黒山鬼窟裏に向かいて活計を作す ------------------------------------------------------------------玄沙禅師はその翌日昨日質問をなした僧へ質問なされました尽十方世界是れ一顆明珠これをどのように理解なされましたか?その僧は答えて尽十方世...

続きを読む

一顆の明珠 「 会を用いて作麼 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  9 )ときに僧問う承るに和尚言えること有り尽十方世界是れ一顆明珠学人いかんが会得せん師曰く尽十方世界是れ一顆明珠会を用いて作麼 (somo) ------------------------------------------------------------------師が述べられた尽十方世界これ一顆明珠それをどう理解すればいいんでしょうか?この問いに対し玄沙禅師の言葉は知ってどうなさるんですか?( 会を用いて作麼 somo )一見玄沙禅師は不親切...

続きを読む

一顆の明珠 「道をえてのち」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  8 )つひにみちをえてのち人にしめすにいはく尽十方世界是一顆明珠 ------------------------------------------------------------------尽十方世界これ一顆明珠 (イッカノミョウジュ)玄沙師備禅師は9世紀の方にて道元禅師はその300年後その足跡に出会いし事かと尽十方世界是一顆明珠お行儀よく威儀を正して神妙なる身の造形をなすこの坐禅の如しな身の Art そこで眼にかえりしは世界は、何て美しいんだ...

続きを読む

一顆の明珠 「 嗣する 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  7 )雪峰も衆のなかにすぐれたりとおもひて門下の角立なりとほめき ころもはぬのをもちいひとつをかへざりければもも、つづりにつづれけり はだへには紙衣をもちゐけり艾草をもきけり雪峰に参ずるほかは自余の知識をとぶらはざりけりしかあれどもまさに師の法を嗣するちから弁取せりき ------------------------------------------------------------------深くうなずくすごいィ!とその価値の中に深...

続きを読む

一顆の明珠  「 志 気 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  6 )日頃は釣りする人にてあればもろもろの経書夢にもかつていまだ見ざりけれども 志の浅からぬをさきとすればかたへに超ゆる志気あらはれけり ------------------------------------------------------------------志の、浅からぬこれは深い志をお持ちだァ!と云う事、でしょうか「 高く大きな志 」その言葉から来るイメージと「 深 き 志 」 と云う言葉から浮かぶイメージは、ちょっと違った感じ...

続きを読む

一顆の明珠 「 達磨不来東土 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  5 )師いはく達磨不来東土二祖不往西天といふに雪峰ことのほかほめき ------------------------------------------------------------------道を求めて旅にいでしがなにゆえ、お戻りか?この雪峰禅師の問いに対する玄沙禅師のお答えです達磨不来東土二祖不往西天幾千キロを超えインドから来られた達磨大師は中国東土へ来られておりませんこれはツバメさんにどっから来たの?どこへ行かれるの?て問...

続きを読む

一顆の明珠 「 人を誑さず 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  3 )雪峰とふ那箇か是れ備頭陀 玄砂いはく終に敢えて人を誑さず ---------------------------------道を求めて旅にいでしがなにゆえに、お戻りか?です答えていわく道を求めて旅にいでしにいつわりなしでは、玄砂禅師は何を発見なされたのか ?ですね....

続きを読む

一顆の明珠 「 痛自何来 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  2 )あるときあまねく諸方を参徹せんため嚢をたづさえて出嶺するちなみに脚指を石に築著して流血し、痛楚するに忽然と猛省していはく 「 是身非有、痛自何来 」 すなはち雪峰にかへる------------------------------------------------------------------なんかぱっとしないなぁ ~雪峰先生の所を離れ他を見てみようォ!その旅すがら石につまづき、痛ッ!この身は、有に非ずなのにこの痛みはどこか...

続きを読む

一顆の明珠  「 昼夜に弁道す 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」  1 )娑婆世界大宋国福州玄砂山院宗位置大師法諱「師備」、俗姓者謝なり 在家のそのかみ釣魚を愛し舟を南台江にうかべてもろもろのつり人にならひけり 不釣自上の金鱗を不待にもありけん唐の威通のはじめたちまちに出塵をねがふ 舟をすてて山にいる そのとし三十歳になりけり浮世のあやうきをさとり仏道の高貴をしりぬ つひに雪峰山にのぼりて真覚大師に参じて昼夜に弁道す---------------------------...

続きを読む

行佛威儀 「 明者不賤用 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  99 )かくのごとくなるともに行佛の威儀なり亙天亙地、亙古亙今にも得者不軽微、明者不賤用なり------------------------------------------------------------------正法眼蔵 第六巻「 行佛威儀 」そのラストでしたありのまま自然体が一番である道元禅師はそのようにはおっしゃってないようなでした真摯に身を正し威儀をたたすべしクリーニング学を学びその奥義を極めようともクリーニング屋さんは真...

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
60歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい


OZIGI SCHOOL

https://ozigi.info/


















.

最新記事