FC2ブログ

記事一覧

一顆の明珠 「 不定法 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 26 )これは道取す昨日説定法なる今日二枚をかりて出気す 今日説不定法なり推倒昨日点頭笑なり------------------------------------------------------------------言葉の順序を逆にして表現してみるそれって言葉遊びですか?との?? なくもなき、ですね「 身心脱落、脱落身心 」この有名な言葉も何故、順序を逆になされるのか? です人、山を見 。山、人を見る 。そう、是は視点視座の自由移動哉、...

続きを読む

一顆の明珠 「 汝作麼生会 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 25 )玄砂来日問其僧尽十方世界是一顆明珠汝作麼生会?------------------------------------------------------------------尽十方世界これ一顆の明珠あなたはこれをどのように理解なさるのですか?玄砂禅師と僧との会話ですどう言う事なのか?常に新鮮に問う事は大事なりけり、でしょうか尽十方世界これ一顆の明珠これはガツンと威儀を正しその姿坐禅の如しなればこそ、でしょうか「 火 」「 熱 」そ...

続きを読む

一顆の明珠 「 現前の蓋時節 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 24 )嗣せざらんと廻避せんに廻避のところなかるべきにあらざれどもしばらく灼然廻避するも道取生あるは現前の蓋時節なり ------------------------------------------------------------------世界は地水火風で出来ているあっ、そうですか。別に回避するわけでもないでしょうが返答はそれ以上にもそれ以下にもならずが普通でしょうかこれは私達の視野が誕生と死の間にあるゆえ致し方なし、なのかもで...

続きを読む

一顆の明珠 「 嗣する 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 23 )この道取は仏は仏に嗣し祖は祖に嗣し玄砂は玄砂に嗣する道得なり ------------------------------------------------------------------その性に任ずの道理でしょうか水の性に任ず血行滞らずの時は血液の性が「 水の性 」になってる、の理でしょうか潔き断念これは目に見えない理念のようなものですが「 水の性 」が現じる時それは生きたものと存在が証明出来うる哉ですねはく息を送り与える風の...

続きを読む

一顆の明珠 「 用会作麼 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 22 )  いはゆるの道得を道取するに玄砂の道は尽十方世界是一顆明珠用会作麼なり ------------------------------------------------------------------「 用会作麼なり 」知ってどうしようとしてるのですか?何かイジワルおじさんの言葉のようにも感じますが理解納得それで終わってしまうそれを戒めておられるんでしょうね世界は地水火風で出来てる知る事は一秒あればすみますがそれを生きる事は中々...

続きを読む

一顆の明珠 「 一尺波 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 21 )すすみて一尺水一尺波を突兀ならしむべし いはゆる一丈珠一丈明なり ------------------------------------------------------------------地水火風水は、水を代表とし液状流れ行くものの性それを述べし哉、ですねその性の見えざる背景には潔い断念が抽象にあらず厳然として霊?としてあるとこの古人のレポートは見えざるものそれを述べてますので目で確認する事能わずですとは言え河の流れを観て...

続きを読む

一顆の明珠 「 大用現前 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 20 )学人如何会得この道取は僧の弄業識に相似せりとも 大用現前是大軌則なり ------------------------------------------------------------------どのように学べばいいんでしょうか?[ 学人如何会得 ]これは、切実な問いですねそのAnswerが学べるも学べないも色々あるけど一顆の明珠その働きは今も昔も厳然と機能されてる[ 大用現前是大軌則なり ]さて、この一顆の明珠その仕様書はいかなるものか?...

続きを読む

一顆の明珠 「 山河にあらず 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 19 )身今あり心今ありといへども、明珠なり彼此の草木にあらず乾坤の山河にあらず 明珠なり ------------------------------------------------------------------俳句や短歌広義の詩の真価は行間にあり、でしょうか一流ミュージシャンその生演奏に接しますとそこには音間 ? が生きてるように感じ候です言葉の意味音楽のジャンルその行間や音間に永遠の空間が感受出来るよな言葉の意味を追わず音楽...

続きを読む

一顆の明珠 「 亙古未了 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 18 )一顆珠は直須万年なり 亙古未了なるに亙今到来なり ------------------------------------------------------------------永遠お元気入道雲夕刻茜色のそら早朝の蝉さんの声20年前、50年前とお変わりなく候、と感じます慌ただしいこれが基本トーンに、気付けばなってる早朝威儀を正して静に佇むと、いろんな鳥さん達の声蝉さん達の声、その行間に永遠?と呼べるようなふか(深)たか(高) 区切...

続きを読む

一顆の明珠 「 道得なり 」

正法眼蔵「 一顆の明珠 」 17 )是一顆珠はいまだ名にあらざれども道得なり これを名に認じきたることあり ------------------------------------------------------------------言葉と現物とはメニュー御品書きと実際食するお料理とは当然違いけり、とは申せ「 名は体を表す 」ネーミングも大事なりけりでしょうか尽十方世界これ一顆の明珠なんか明るく前向きになるような、ですそして言葉のイメージそれを実体化するスイッチそ...

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
60歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい

https://ozigi.info/


















.

最新記事