FC2ブログ

記事一覧

海印三昧 「 功あり、これ絶気にあらず 」

海印三昧  37)万有なる前程後程その功あり、これ絶気にあらずいはゆる一盲引衆盲なり一盲引衆盲の道理はさらに一盲引一盲なり衆盲引衆盲なり衆盲引衆盲なるとき包含万有、包含于包含万有なりさらにいく大道にも万有にあらざるいまだその功夫現成せず、海印三昧なり正法眼蔵第十三巻「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」ラスト一節でした早朝静かに坐してみる色々頭重しでも腰腹中心に求心力 image すれば上から下への流れは確保出...

続きを読む

海印三昧 「 たとひ不絶気なりとも 」

海印三昧  36)万有たとひ死屍なりとも不宿の直須万年なるべし不著の這老僧一著子なるべし曹山の道すらく万有非其功絶気いはゆるは万有はたとひ絶気なりともたとひ不絶気なりとも不著なるべし死屍たとひ死屍なりとも万有に同参する行履あらんがごときは包含すべし、包含なるべし正法眼蔵第十三巻は「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」でした腰腹身体の中心へ加速度的に静寂化して行こう!日々この修練を続けてますが頭スッキリ、 と...

続きを読む

海印三昧 「包含は不宿なり 」

海印三昧  35)僧のいはく為什麼絶気者不著はあやまりて疑著の面目なりといふとも是什麼心行なるべし従来疑著這漢なるときは従来疑著這漢に相見するのみなり什麼処在に為什麼絶気者不著なり為什麼不宿死屍なり這頭にすなはち既是包含万有為什麼絶気者不著なりしるべし、包含は著にあらず包含は不宿なり正法眼蔵第十三巻は「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」でした一つ下の次元が見える私達が空間をご認識出来るとは3Dの「1次元...

続きを読む

海印三昧 「 多福一叢竹 」

海印三昧  34)たとへば多福一叢竹を道取するに一茎両茎曲なり三茎四茎斜なるも万有を錯失せしむる行履なりともなにとしてかいまだいはざる千曲万曲なりとなにとしてかいはざる千叢万叢なりと一叢の竹、かくのごとくある道理わすれざるべし曹山の包含万有の道著すなはちなほこれ万有なり正法眼蔵 第十三巻 は「 海印三昧 ( kai-in Zanmai ) 」 でした平面上・空間上に「 一 」をイメージしますとどうしても一円相になっちゃう...

続きを読む

海印三昧 「 海面みえざれども 」

海印三昧  33)仏性海といひ毘盧蔵海といふただこれ万有なり海面みえざれども遊泳の行履に疑著することなし正法眼蔵第十三巻は「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」でした万有の image円相を描き、そこに all を見るそれはおかしいそれでは部分になっちゃう円相の中にいて、端 ( 円相 ) が消えた時、それに似たりとなる文章にしますとこうですが静かに坐しこれを Simulation するととても変な感じがします「 海面みえざれども 」どっ...

続きを読む

海印三昧 「 錯 認 」

海印三昧  31)包含万有を道著するは大海なるのみなりなにものとしれるにあらざれどもしばらく万有なり仏面仏祖と相見することもしばらく万有を錯認するなり正法眼蔵第十三巻は「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」でしたお外へ向けし「 囲い込み 」それがそのままおのが内面の囲い込みに変異しちゃうおのが内面を幽閉しちゃう「 仏面仏祖 」「 包含万有 」も例外に非ずでしょうか世界を広げようとする試みがますますの偏狭幽閉をも...

続きを読む

海印三昧 「 しれるにあらざれども 」

海印三昧  30)包含万有を道著するは大海なるのみなりなにものとしれるにあらざれどもしばらく万有なり正法眼蔵第十三巻は、「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」イメージ Simulation でした今戦国時代 or 現在紛争国にいて捕虜となり二畳の独房にありめげない方策、有りや無しや?ご参考は、メダカさん小さな水槽おられても悠々たるは、なに故でしょうか円 A の囲い込み意識お持ちになられてない円 A は、万有ゆえに万有ならば ...

続きを読む

海印三昧 「 包含万有 」

海印三昧  29)師いはく包含万有は海を道著するなり宗旨の道得するところは阿誰なる一物の万有を包含するとはいはず包含、万有なり大海の万有を包含するといふにあらず正法眼蔵第十三巻は「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」でしたこの一節は、幾何学・数学頭の体操のよう円 A ( 海 ) がすべてを包含している一見ちゃんとした文章ですしかし落ち着いて見るとそう述べられた観察者は何処におられるのか?円 A ( 海 ) のお外におら...

続きを読む

海印三昧 「 死 屍 」

海印三昧  28)死屍といふはすべて人々いまだみざるものなりこのゆえにしらざるなり正法眼蔵第十三巻は「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」でしたラファエロ ( Raffaello 1483-1520 )は、真面目な方だったと思われます現実は時間をお持ちなのに現実には存在しない「 止めたもの 」人々が見続ける事は悪しき事ではないだろうか「 止めたもの 」の中に時間と永遠吹き込まねばならない ・・判断もまた状況は移り行くゆえさっきの判断...

続きを読む

海印三昧  「 幾度か春に逢う 」

海印三昧  27)死屍は死灰なり幾度か春に逢うも心を変ぜずなり正法眼蔵第十三巻は「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」でした現実 ( 四季のうつろい ) は新鮮で活気に満ちてる宿 ( omoi に囚われる ) にいい事ないのに生活する上では思考・感情・意志 を 安定化せねばは、致し方なしですでも、現実は動画なので動画の方から見れば静止画 ( 判断 ) は、死屍 Sisi 死灰 Sihai なりと映るは必然ですSisi なる「 判断 」と新鮮なる感受...

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。


「 姿勢レッスン 」はこちらでした。

https://ozigi.info/






.

最新記事