FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 せめて曰く 」

行 持   17 )脇尊者、生年八十にして捨家染衣せんとす城中の少年すなわちこれをせめて曰く「愚夫朽老なり ひとえに何ぞ浅智なる 夫れ出家は、二業有り 一にはすなわち習定 二にはすなわち誦経なり いま衰耄せり、進取する所無けん みだりに清流にあとし いたずらに飽食することを知らんのみ」時に脇尊者諸々の譏議を聞いて因みに時の人に謝してしかも自ら誓って曰く我 もし三蔵の理を通ぜず三界の欲を断ぜず六神通を得...

続きを読む

行 持  「 一生脇不至席 」

行 持   16 )第十波栗濕縛(ばりしば)尊者は「 一生脇不至席 」なりこれ八旬老年の辨道なりといへども當時すみやかに大法を単伝すこれ光陰をいたづらにもらさざるによりてわづかに三箇年の功夫なりといへども三菩提の正眼を単伝す尊者の在胎六十年なり出胎白髪なり誓つて屍臥せず、脇尊者と名づく乃至暗中に手より光明を放つて以て経法を取るこれ生得の奇相なり第十祖の「 ばりしば尊者 」は80歳から御修行を始められた...

続きを読む

行 持  「 形体憔悴 」

行 持   15 )あるいは迦葉、頭陀行持のゆえに形体憔悴せり、衆みて軽忽するがごとしときに如來ねんごろに迦葉をめして半座をゆづりまします迦葉尊者、如來の座に坐すしるべし、摩訶迦葉は佛会の上座なり生前の行持、ことごとくあぐべからず。山道に佇む、石仏のよう実際そうなされていたのでふくよか、小ざっぱりな趣なされておられなかった摩訶迦葉尊者は一見、形体憔悴みすぼらしかったのでしょうその摩訶迦葉尊者を釈尊は...

続きを読む

ハンガー

お洗濯したTシャツハンガーにかけるみたいこの身を十字にかけるその横糸のご研究でしたこれは坐禅道場行かなくても会社のデスクでも電車に坐っててもどこでも実践できるものかと( 法界定印は特殊な手組みですが )肩甲骨間、胸部の横線に力感を出せると 「 空しくならない 」....

続きを読む

行 持  「 嫡 嗣 」

行 持   14 )第八摩迦訶葉尊者は釈尊の嫡嗣なり生前もはら十二頭陀を行持してさらにおこたらず十二頭陀といふは、一つには人の請を受けず日に乞食を行ず亦比丘僧の一飯食分の錢財を受けず二つには山上に止宿して人舍郡縣聚落に宿せず三つには人に従つて衣被を乞ふことを得ず人の與ふる衣被をも亦受けず但丘間の、死人の棄つる所の衣を取つて補治して之を衣る四つには野田の中の樹下に止宿す五つには一日に一食す一は僧迦僧泥...

続きを読む

この身を十字にかける 4

道元禅師のレポートは何処を読んでも坐禅の姿を標準とする神妙に威儀を正そう! これで一貫していますそこで、何故坐禅の姿なの?疑問になります茶道・弓道・お能いかにも神妙威儀を感じます日常のお仕事もまた真面目な方からはそれを感じます坐禅の姿と、他スタイルを分かつものその一つが、手組み「 法界定印 」はいかにも坐禅らしいでは、法界定印って何なんですか?その推理検証です1.法界定印は  左右肩甲骨の合わせと...

続きを読む

この身を十字にかける 3

こちらの文章は筋肉学( 運動生理学 )の石井直方さんのアイソメトリック Isometric Contraction に関するレポートでした。私たちが筋収縮といった場合必ずしも外観上の収縮を伴う必要はありませんでは、筋収縮の定義とは何か? それは「 筋肉が筋肉自体の中心方向に向かって...................................能動的に力を発揮すること  」 です力が中央に向かって生じていればいいわけですから伸張性収縮はもちろん筋肉の両...

続きを読む

行 持  「 慈 父 」

行 持   13 )慈父大師釈迦牟尼佛十九歳の佛寿より、深山に行持して三十歳の佛寿にいたりて大地有同時成道の行持あり八旬の佛寿にいたるまでなほ山林に行持し藍に行持す、王宮にかへらず国利を領ぜず、布伽梨を衣持し在世に一経するに互換せず一盂在世に互換せず一時一日も独処することなし人天の閑供養を辞せず外道の謗を忍辱すおほよそ一化は行持なり浄衣乞食の佛儀しかしながら行持にあらずといふことなしお釈迦様は、何を...

続きを読む

この身を十字にかける 2

こちらの文章は筋肉学( 運動生理学 )の石井直方さんの筋肉の特性を示すレポートでした。-----------------------------筋肉は(筋肉の)中心方向へ直線的にしか縮まない筋肉は直線的な力をなおかつ、その中心方向に向かって発揮することしかできません反対方向、つまり中心から外側に向かって力を出す筋肉もあるのではないかと誤解している人もいるかもしれませんが力のベクトルはあくまでも中心方向へだけ筋肉が自ら外に向かって伸...

続きを読む

この身を十字にかける 1

威儀を正そう坐禅の姿を標準としよう正法眼蔵はそのどこを読んでもこのメッセージで一貫してますこの身を「 十字にかける 」このテーマでそのメッセージを読み解こうと思います....

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。

師 沼田 勇 先生 ( 玄米 )
師 中川 宗淵 老師 ( 三島 龍沢寺 )
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生
















.

最新記事