FC2ブログ

記事一覧

断念の習得

心の因数分解  4心身が怒りにも似た激情に支配されてしまったもはや、これまで 。そう、気分を一新出来るだろうか禅僧の本領とはこの 「 断念 」 の習得にあると思われます....

続きを読む

逆向きの意志

心の因数分解  3百丈禅師は「 一日なさざれば一日食らわず 」 ですとても強い意志をお持ちで常人の真似出来る事ではないですねそう思っちゃいますでも、はたしてそうだろうか?そう問えます確かに、何かをする場合強い意志が必要な感じがしますしかし、何かをしない意志出来るのに何かを断念する意志の場合強い意志は必要でしょうか断念する意志の場合意志の向きは逆になります逆向きの意志って独特な特性をお持ちなのかも....

続きを読む

行 持  「 一日不食 」

行 持   35 )百丈山大智禅師そのかみ馬祖の侍者とありしより入寂のゆふべにいたるまで一日も為衆為人の勤仕なき日あらず ( 百丈懐海禅師は、以前。。馬祖道一禅師の侍者をなされていた時から  亡くなる日の夕べまで  一日たりともお掃除などの作務を  なされない日はありませんでしたかたじけなく、一日不作一日不食のあとをのこすといふは、百丈禅師すでに年老臘高なり ( かたじけないことに ( 「一日なさざれば、...

続きを読む

行 持  「 天厨をまつことなし 」

行 持   34 )雲居山弘覚大師そのかみ三峰庵に住せしとき天厨送食す大師あるとき洞山に参じて大道を決擇( Ke`tyaku )してさらに庵にかへる ( 雲居山の弘覚大師が以前 ( 三峰庵に住んでいた時 ( 天界の料理人がお食事を提供なされてた ( 大師はある時、洞山良价禅師にまみえるえて ( 大道をえ再び庵に帰られた天使また食を再送して師を尋見するに三日を経て師をみることをえず天厨をまつことなし大道を所宗とす、弁肯の...

続きを読む

極端な意志

心の因数分解  2雲巌 ( Ungan ) 禅師は誓いを立て「 今後、横になって休まず 」と言う、意志を行使なされましたこれは極端話しで、私達が学ぶところはないようにも見えますが日常生活に大いに参考となるのではそのように思われます身体を断念する、と言う極端な意志と空き家になった身体へ正確な思考( 垂直や水平、力の均衡等 ) を吹き込むと言う思考を同時に行うと身体がとても新鮮に感じられます新鮮に感じる、これは「 感情...

続きを読む

心の因数分解 「 強い意志 」

心の因数分解  1 雲巌 ( Ungan ) 禅師は誓いを立て横になって眠る事はなかったその強さの分析です普段、心は意志・思考・感情がごじゃまぜで一つになってる感、大いにあります心を、意志・思考・感情三つに因数分解してみますその中の意志です強い意志とは、どのようなものでしょう ?雲巌 ( Ungan ) 禅師の意志は今後、横になって休まずですこれは責任の全うや希望の成就じゃなく身体に悪いんじゃないですか? な身体の「...

続きを読む

行 持  「 わきを席につけず  2 」

行 持   33 )「 四十年わきを席につけず、一味参究す 」40年間、横にならなかった心身を、どのように運用なされたか?大いに興味がわきます普段、何となくな自分それが三つに分かれたと推測されます誓いを立てられた ( 意思 )そして坐禅をなされたわけですが垂直と水平と言う幾何学的純粋 ( 思考 ) は常に発動なされてるさらに、死をも覚悟なされてたとすると身体への執着はなかった思われますその時の ( 感情 ) を察する...

続きを読む

行 持  「 わきを席につけず  1 」

行 持   32 )雲巌和尚( Ungan )と道吾とおなじく薬山に参学して共にに誓いをたてて四十年わきを席につけず、一味参究す法を洞山の悟本大師に伝付す洞山いはく「 われ一片に打成せんと欲して  坐禅辨道すること已に二十年なり  」いまその道、あまねく伝付せり雲巌曇晟( Ungan Donzyo )和尚と道吾円智和尚は共に薬山惟厳( Igen )禅師に師事しました誓いを立て、四十年間身を横にする事はありませんでしたそして、法を...

続きを読む

行 持  「 懈惓せず 」

行 持   31 )普請作務(FusinSamu)のところに、かならず先赴す老にいたりて懈惓(Kegen) せずいまの臨済は江西の流なり江西の馬祖道一(Vaso Dōitu)禅師は木々のお手入れや道場のお掃除などみんなでなされる作業にはいつも率先して参加なされたそれは老僧になっても、変わる事はなかった今の臨済宗は、この馬祖道一禅師の一門です懈惓(Kegen) せず悟ったら、楽勝のんびり !じゃないんですか それじゃ、働き過ぎじゃな...

続きを読む

行 持  「 密 印 」

行 持   30 )江西馬祖の坐禅することは二十年なりこれ南嶽の密印を稟受するなり伝法済人のとき坐禅をさしおくと道取せず参学のはじめていたるにはかならず心印を密受せしむ江西の馬祖道一(Vaso Dōitu)禅師は20年にわたり、坐禅をなされてたこれは、南嶽懐譲(Nangaku Ezyō)禅師から授かった坐禅とよばれる 「 心印 」 でした印とは、印鑑(はんこ) の印心の印鑑とは、どう言う意味でしょうか印鑑は、昨日押しても今日押...

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。

師 沼田 勇 先生 ( 玄米 )
師 中川 宗淵 老師 ( 三島 龍沢寺 )
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生
















.

最新記事