FC2ブログ

記事一覧

中心と円周

一点の灯をイメージするとても小さな一点 ・ ・小さくて省エネ? ですでも実際小さな一点へ身を投じると真逆な事が起こります地震が来る直前の異様な揺れ音その時私達は、n? て耳を澄まします前だけ見てる車の運転とは違います前後左右上下、均等に五感のはてまで円的・球体的に世界に対します一点に鎮まる実際の心理空間では円周あるいは球面を明らかにするそれに対応してる「 中心を求めなさい  そうすれば円周が明らか...

続きを読む

尚ほ受用すべし

菩提薩埵四摂法 17bodai-sa-ta-si-syo-boほとけののたまはく、其の自身に於いても尚ほ受用すべし何 ika に況や能 yo く父母妻子に与えんをや ( 釈尊は述べています ( 自分自身においては ( 蛹が蝶に変われるように ( 今の自分を手放し ( 新たな自分を受け入れる ( それは父母や妻子に対しては ( 与える、となります....

続きを読む

これとそれの組み合わせ

1) 地・水・風・火・空 2) 固体・液体・気体・火・光 3) 肉体・エーテル体・アストラル体・自我 普段身体で感じてる五感は 空間的なもので 地・固体・物質的肉体的なもの そして次の、水・液体・エーテル体は 時間的なものとします 例えば音楽や植物の生長 この二つで時空を構成するので 次の、風・気体・アストラル体...

続きを読む

布施の功徳の本具

菩提薩埵四摂法 16bodai-sa-ta-si-syo-boまことに、みづからに布施の功徳の本具なるゆゑにいまのみづからはえたるなり ( 自分自身の中には ( 布施の功徳を実現出来る ( その可能性が秘められています ( 身体の中にだけ自分を感じる ( この感覚を手放し [ 布施して ] ( 朝焼け夕焼けの空にも ( 同じように自分を感じられる ( そうなるために生まれてきたのです....

続きを読む

身体の外での体験

夏の夕暮れ 短い時間ですが 雲々の華やかな衣装 なんて美しいだ こころが揺さぶられます この感動は 身体の中でなく 遠くて身近な空において感じられます あれこれの思いや 例えば虫歯が痛いとか これは身体の中、皮膚の内側に感じます 身体の外で体感するものは 盃が身体の外にあるので 身体は盃お仕事一服出来て 安らぎを覚えます ....

続きを読む

便宜 ben-gi をすごさざる

菩提薩埵四摂法 16bodai-sa-ta-si-syo-bo身力 sin-riki をはげますのみにあらず便宜 ben-gi をすごさざるべし ( ただ頑張ろう!だけじゃなく ( 本日只今が千載一遇のその時です....

続きを読む

身を投じる

・・・ に身を投じるある職業についた時に用いますあるいは四十七士が討入りに参じた時はまさに身を投じるですでは、身中の 「 火 」 に身を投じるはどうでしょうかこの火は実際の火ではありません思考と意志で作った一点の灯りのようなものですですから火傷しなし、燃える事もありませんでは、身中の 「 火 」 に身を投じて何が学べるでしょうか....

続きを読む

半 han 菴羅 an-ra 果 ka

菩提薩埵四摂法 15bodai-sa-ta-si-syo-bo阿育 a-iku 大王の半 han 菴羅 an-ra 果 kaよく数百の僧衆に供養せし広大の供養なりと証明する道理よくよく能受 no-zyu の人も学すべし ( 阿育大王は晩年 ( 財産すべてを施し尽くし ( 持てるものはマンゴー半分となります ( そしてそれをも僧衆へ供養し手放します ( それは広大な供養でした ( 「 手放し尽くす 」 と言う道理です....

続きを読む

死の瞬間まで

「 火 」 を思う   5 ・・・ から世界を見る スマホを通して世界が見える テレビを通して社会を知る 初めはそうでしょうが スマホの中が世界になり 社会は新聞やニュースの内容となる 今回の 火を通して世界を見る これはどうでしょうか とてもこれが既成概念や 無意識の世界認識になっちゃう とは思えません ...

続きを読む

「 はなを風にまかせ 」

正法眼蔵 菩提薩埵四摂法 14bodai-sa-ta-si-syo-boはなを風にまかせ、鳥をときにまかするも布施の功業 ko-gyo なるべし ( 花を風にまかせ、鳥を時にまかす ( 五感に映るもの栄枯盛衰 ( その五感の鏡に手を触れない ( 水面に介入しない ( これって、この身から ( 少し距離を置いてるから出来るわけです....

続きを読む

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事