FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 仏宇 butu-u 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 仏宇 butu-u 」

末世の愚人、いたづらに
堂閣の結構 ke-ko に
つかるることなかれ
仏祖いまだ堂閣をねがはず
自己の眼目いまだあきらめず
いたづらに殿堂精藍 dendo-syoran を結構する
またく諸仏に仏宇 butu-u を
供養せんとにはあらず
おのれが名利 myo-rio の
窟宅 ku-taku とせんがためなり


20201215SS00003.png


 ( いたずらに建物の建立に
 ( 気を向けることは愚かです
 ( 仏祖は立派な建物を願いません
 ( 諸仏がやどるのは
 ( この身で作る仏閣、坐禅の中だからです
 ( 外に作る仏閣には
 ( 己の名利心の反映を見るのみです


20201215SS00002.png


 ( 腰と腹のラインを
 ( 水平・直線にそろえる
 ( その直線に対して
 ( 上半身は垂直に向かう
 ( これを実際行いますと
 ( こうだァ!とならず
 ( ん?こう? 、???です
 ( 垂直かどうか耳を澄ます
 ( その状態が続きます
 ( この感じは口腔の下辺部が
 ( 「 虚 」 な感じです
 ( 「 垂直をとる 」 これが
 ( 心魂に大きな作用を与えます




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


太陽系を超え
銀河の渦を超えて
それが遠くに見える
そんなところから地球地上を見る
同じ時間同じ空間でも
まるでこの世とあの世くらい
離れてる

そこにいて地球大地に
自らの記念塔を建てる
坐禅という記念塔を建てる

この風景全体
これこそ、「 今 」 だと  




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事