FC2ブログ

記事一覧

仏性 「 前三三後三三 」


Utagawa Toyoshige 0127 1607


すでに
皆依建立といふ
しるべし、仏性海の
かたちはかくのごとし
さらの内外中間に
かかはるべきにあらず

恁麼ならば
山河をみるは仏性をみるなり
仏性をみるは
驢腮馬觜をみるなり

皆依は
全依なり依全なりと
会取し不会取するなり

三昧六通、由茲発現
しるべし、諸三昧の発現未現
おなじく皆依仏性なり
全六通の由茲不由茲
ともに皆依仏性なり

六神通はただ
阿笈摩教にいふ
六神通にあらず
六といふは
前三三後三三を
六神通波羅蜜といふ

しかあれば
六神通は明々百草頭
明々仏祖意なりと
参究することなかれ

六神通に
滞累せしむといへども
仏性海の朝宗に罣礙するものなり






------------------------------------------



正法眼蔵「 仏 性 」  31 )



「坐禅しよか!」で
何故こころが静まるのか?
て問いです

夜スヤスヤ眠りにつくと
夢を見てる時除くと
こころは静まってる感じ

この睡眠中も
こころは継続してる?
んかにゃ、と問えば
毎朝なんの脈絡もなく
ポコッとこころが生まれる
とは考えずらい、哉と


「前三三後三三」
こころの継続性は
前後どこまで伸びてるんか?
て問いが次に生まれます


さてところで、
尾てい骨反らして
両脇同時打ちなW円相打法
一個のボールを打つテニスと違い
胸中へ気を静めるんで
具体的には
血中(静脈)の幾千万個の血球?
それらを打つが如し、とも

気合いや呼吸で
血行調整して意味あるんすか?
て問いが当然あります

「前三三後三三」な
継続してるこころは
身体の中にある時その身を現す
具体的には血行の中を住みかにしてる

この↑仮説は
正誤はともかく実証実験すると
大いによかかもです

諸病を防ぐ免疫力も
実働部隊は血中白血球さんやし
目には見えんけど
一つの生命体みたいなこころも
その身が血行なら
血行の調整からアプローチ出来る
きゃも、ですね

「前三三後三三」
こころは、左右前後
ドコまで伸びてるのか
いろいろあったけど
継続してるのなら
ココで鎮めよか、ですね





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
.
.
正法眼蔵は、
世界中の方々を鼓舞しえる
貴重な文化遺産ではないか?
でした。



坐禅体験ご希望の方へ

「 国際交流のための坐禅会
     at 仙台国際センター

希望日時に合わせ随時開催
参加費 は3,000円(1時間)でした。
....(施設予約状況[会議棟・和室]をご確認下さい。)


お問い合わせ先
newstoday343@gmail.com
佐々木正巳

開催者 Profile
1979年~ 
....澤木興道老師門下の
....沼田勇医学博士に師事
....大仁坐禅会に参禅
2006年
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 東京国立博物館 )
2006年~
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 仙台国際センター )






挿入の絵画一覧はコチラに
https://www.japanart.site/
( 海外の美術館が所蔵してるJapanArt
その公開FreeDataをremakeでした。)






.

最新記事