猫ちゃんストレッチ



お疲れ様ですっ!

はいッ!
本日のA4レポートはコチラでした 
本日は、2枚ですね


20170304003.jpg



 「 読む ? ストレッチ 」

20170304005.jpg

筋肉が「骨」を動かす上での着目点は、?

1, 筋肉と骨は、腱でつながってる
2, 筋肉は束が筋肉膜でラッピングされちょる
3, 筋肉は方向性をお持ちだ
  ( 中心へ戻ると言う「一方向」 only )

あっそうですか ・ ・ チュもんでしょうか
これらの特性を生かして筋肉を鍛える力を出す
と言う道 ( 発想 ) もあります
是をとりあえず忘れて、その特性をそんままトレース
してみると、どんな感じか? 
これは、真摯にせにゃならん! チュところでは
トレーニング・修練ですが
どこか、読書のようでもありますね






☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 









20170304004.jpg


「 腱 ( ken )に集約す ? 」

20170304006.jpg

12回の防衛戦を勝ち抜かれた山中慎介選手
デビュー当時から共に歩まれて来た
大和トレーナーのお話し
人差し指だけ握って、残りは軽く握る感じ
以前はそうじゃなかったけど、そう改良されたと
人差し指の第二関節、その一点で打っちょると

そんな極意「手の内」明かしてええんですか?
他の選手が真似せんですか? って心配になります
特定分野を離れ、日常の生活で考えてみますと
動作に止まらず、静止?の時ですら
骨を造形しちょる(姿勢)わけですから
一点で打つのが理に適っちょる いや
そうでしか ほんとは打てん! とも
なしてなら、力 ( 筋肉 )は一度腱に集約されて
骨に伝わっちょるから! でしょうか

上記極意が他の方が真似でけん理由?
是を推論すると ・ ・
人差し指一点!ちゅう時、実は身体中の筋肉と骨が一点で
結合されちょる  なしてほうでけるのか?
心が虚心・無心・敬意敬虔ちゅうてもええような
シンプルにまとめる事がでけるから ・ ・
是は、簡単には真似でけんすもんね









.
  1. 2017/03/04(土) 09:15:12|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する