FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 両頭撒開 sa-kai 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 両頭撒開 sa-kai 」

直 ziki に須 subeka らく
両頭撒開 sa-kai し
中間放下して
声に遇い色に遇うも
石上に華 hana を栽 u-yu るが如く
利を見、名を見るも
眼中に屑 setu を著 tuku るに似たるべし

 ( ここからここまで
 ( 両端に囲まれてる
 ( その中にこもってる
 ( 私達はいつも身体にこもってます
 ( 「 stay body 」 してる



20210101SS00005.png




 ( ミケランジェロ 「1475-1564」 が
 ( 「 ピエタ 」 を創られた時
 ( ミケランジェロ は
 ( 何処におられたでしょうか
 ( 大理石の外に立ってた
 ( 大理石の外から一刀を振るってた
 ( 彫刻家は石の中におらず
 ( 造形の魂を
 ( 石の外から吹き込んでるように見えます

 ( 芙蓉道楷禅師 1042 ~ 1118
 ( は、どうでしょうか
 ( 造形中(坐禅中) 、石(body) の中に
 ( おられなかったのは明らかです
 ( では、石(body) から離脱してたか
 ( と言うと、
 ( 造形(坐禅) の精神を
 ( 石(body) へと送り続けなければ
 ( 造形(坐禅) は途切れます

 ( 芙蓉道楷禅師 は、どこにいるのでしょうか
 ( 物質界(石body)の中におらず
 ( 造形(坐禅) の精神を操ってるので
 ( 造形(坐禅) の精神の中にもおられません

 ( その時
 ( 芙蓉道楷禅師 の消息は
 ( 三界の感覚から消え去ります
 ( 造形(坐禅) をなしている時
 ( 三界を超え出ています






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ