FC2ブログ

記事一覧

行 持  下 「 古聖の做処 」



正法眼蔵 行 持  下
「 古聖の做処 」



你 nanzi 見ずや
達磨西来 sei-rai して
少室山 syo-situ-zan の下に到り
面壁九年す

 ( 知ってのとおり
 ( 達磨大師が西から来られ
 ( 少室山の下に到り
 ( 壁に向かって九年
 ( 坐禅をなされました

二祖、雪に立ち
臂 hizi を断つに至って
謂 ii つ可し、艱辛 man-sin を受くと

 ( 二祖慧可大師は
 ( 達磨大師の法を求めて
 ( 雪の中に立ち
 ( 自分の臂を断ちました
 ( これは自ら艱難辛苦を
 ( 受け入れたと言えます


20210126SS00002.png



然れども達磨 曾 katu て
一詞 i-si を措了 so-ryo せず
二祖 曾て一句を問著 mon-zyaku せず

 ( しかし達磨大師は
 ( 慧可大師に一言も説明せず
 ( 慧可大師は一言も尋ねませんでした

還って達磨を喚んで
不為人 hui-nin と作 na し得てんや
二祖を喚んで
不求師 hugu-si と做 na し得てんや

 ( だからと言って
 ( 達磨大師は何も説かなかった
 ( と言えるでしょうか
 ( 慧可大師はを何も求めなかった
 ( と言えるでしょうか

山僧、古聖の做処 sa-syo を
説著 setu-zyaku するに至るごとに
便ち覚 obo ふ身を容るるに地無きことを
懺愧 zan-ki す
後人 ko-zin の軟弱なることを

 ( 私( 道元禅師 )は
 ( 先人の行いを説く度に
 ( 身の置き場のない思いをし
 ( 私達後世の者が
 ( いかに軟弱であるか恥じるのです







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ