FC2ブログ

記事一覧

「做手脚 sa-syu-kyaku 迄 ita らず 2



「 做手脚 sa-syu-kyaku 迄 ita らず 」 2


両股関節が
やさしく押さえられるように
上半身を前傾、軽くお辞儀します
鳩尾が伸ばして上半身を戻します

両脇に三日月をイメージします
( 手で触って場所を確認してみます )


20210129SS00013.png



両股関節のやさしい押さえ感を
脇の下の三日月に CopyPaste します
脇の下の三日月への
やさしい押さえ感が出来たら
それを押さえにして
両肩甲骨の 「内側」 を
背骨方向・-30度上方へ引きます



20210129SS00018.png


20210129SS00017.png





前鋸筋は肩甲骨の内側に
その端を有しています
両肩甲骨の外側ではなく
両肩甲骨の内側・裏面を引きます

「 前鋸筋のストレッチですねッ!」
となるわけですが ・・・
張って戻るの、筋肉反転
その限界点はやはり
1mm 範囲内での調整確認になります
ストレッチと言うより
健康診断の聴覚検査な感じ ?
張って戻るの、筋肉反転
その限界点をキープされると
揺りかご (肋骨) をやさしく包んだ感じに


20210129SS00020.png



肩甲骨の内側を引き上げてますが
前鋸筋の限界反転で
肩甲骨そして肩は逆に斜め下方へ
引き下げられるベクトル(緑ベクトル)を受けます

しかしこの下方ベクトル(緑ベクトル)は
引き上げベクトル(オレンジベクトル)の
とても小さな反転限界点においてはじめて現れます
神妙に前鋸筋に耳を澄ます
神妙に前鋸筋の声を聴く感じとなります

揺りかご (肋骨) をやさしく包む
やさしさと神妙さは、兄弟なんだと分かります







コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

62歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師 
師 瀬島 龍三 先生 


----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生










.

最新記事