FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 廓然無聖 」



正法眼蔵 行 持  下
 「 廓然無聖 」

 
広州の刺史 si-si 蕭昂 syu-ko といふもの
主礼をかざりて迎接したてまつる
ちなみに、表を修して武帝にきこゆる
蕭昂が勤恪なり

 ( 広州の長官、蕭昂 syu-ko という人が
 ( 達磨大師をあつい礼をもって迎えます
 ( 達磨大師が
 ( インドからはるばる来られたことを
 ( 蕭昂は武帝に報告なされました
 ( 蕭昂は慎み深く真摯な方でした



20200828SS00001.png

武帝すなはち奏を覧して
欣悦して、使に詔をもたせて
迎請 go-syo したてまつる
すなはちそのとし十月一日なり

 ( 武帝はその報告に接し
 ( たいへん喜ばれました
 ( そして使者をたて大師を招聘なされました
 ( それは、その年(527年)の
 ( 十月一日のことです



20200828SS00002.png

初祖、金陵 kin-ryo にいたりて
梁武 ryo-bu と相見するに、梁武とふ

「 朕、即位より已来 kono-kata
寺を造り、経を写し、僧を度すること
勝 a げて紀すべからず、何の功徳か有る 」
師曰く
「 並びに功徳無し 」

 ( 達磨大師は、金陵に赴きます
 ( 梁の武帝は
 ( 菩提達磨大師にまみえ尋ねます
 ( 私は即位して以来、寺を建て
 ( 経を写し、僧を守って来ました
 ( 全てを書ききれないほどにです
 ( これらすべては
 ( どんな功徳となるでしょう
 ( 菩提達磨大師がお答えなられます
 ( そのような事はすべて
 ( 功徳とはなりません



20200828SS00003.png

帝曰く
「 何の以 yue にか功徳無き 」
師曰く
「 此れは但 tada
人天の小果、有漏 uro の因なり
影の形に随ふが如し
有りと雖も実に非ず 」

 ( 武帝が尋ねられます
 ( なぜ功徳が無いのでしょう
 ( 師がお答えになられます
 ( そのようなことで得られるものは
 ( 人間界や
 ( 天上界に於ける小さな果です
 ( むしろ迷情の原因となるものです
 ( 影が形から作られるように
 ( 有るとしても影でしかありません



20200828SS00004.png

帝曰く
如何 ika なるか是れ真の功徳
師曰く
浄智妙円にして
体 tai 自 onozuka ら空寂なり
是の如くの功徳は世を以て求めず

 ( 武帝はさらに尋ねられました
 ( 真の功徳とは
 ( どのようなものなのでしょうか

 ( 師がお答えになられます
 ( 浄智妙円にして
 ( 体 tai 自 onozuka ら空寂なり
 ( このような功徳は
 ( こうすればああなる、と言う
 ( 世間法の延長線上にはないのです



20200828SS00006.png

帝又問う
「 如何 ika ならんか是れ
聖諦第一義諦 syo-tai-dai-itizi-tai 」
師曰く
「 廓然無聖 kakunen-musyo 」

 ( 武帝は尋ねられます
 ( 聖人の真理とは
 ( どのようなものなのでしょう
 ( 師はお答えなられます
 ( 広く開けていて、凡も聖も無いことです



20200828SS00007.png

 ( 凡を嫌い、聖を求める
 ( 悪い事ではない、とも思えます
 ( では達磨大師が述べられる
 ( 「 凡も聖も無い 」 にはどんな意味が
 ( あるのでしょう
 ( 「 円 A の中か、その外 B か 」
 ( この単純な方程式が
 ( 現実の生活では無限の働きに発展します

 ( 「 白人か、黒人か 」
 ( 「 認められてるか、無視されてるか 」
 ( 「 健康か、不調か 」
 ( 「 豊かか、貧しいか 」
 ( 「 絆か、孤独か 」
 ( 「 若いか、老いてるか 」
 ( 「 幸せか、不幸か 」
 ( 「 生きてるか、死んでるか 」



20200828SS00008.png

 ( 「 円 A の中が良く、その外 B は悪い 」
 ( この単純な方程式が
 ( そうとも言える、って軽妙に機能
 ( していれば何の問題も起こりませんが
 ( 現実はどうでしょう
 ( 重く心魂をとらえ、時には狂気となります
 ( 個人であれ、集団であれ
 ( 国家歴史すらぐちゃぐちゃにしちゃう

 ( 「 円 A の中が良く、その外 B は悪い 」
 ( これを 「 そうとも言える 」 に止めておこう
 ( かくの如し、に止める
 ( この如是の法が仏道であり
 ( 達磨大師の道と言えます

 ( 神妙坐禅を組み
 ( 心魂を身十字中心へと静める
 ( 様々な事件が起こりますが
 ( 十字中心の静謐の中へ消えゆく
 ( 円 A の暴走を防ぐ具体策と言えます










.
.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ