FC2ブログ

記事一覧

弁道話  「 三昧に端坐する 」



正法眼蔵「弁道話」 

14 )


もし人、一時なりといふとも
三業に仏印を標し
三昧に端坐するとき
遍法界みな仏印となり
尽虚空ことごとくさとりとなる 



---------------------------------

2018年10月13日12


上り新幹線「はやぶさ10号」
新函館北斗駅 06:35発
東京駅    11:04着


鉄道の旅は、
始発駅が確定してるんで
始発の駅で並ぶと、自由席でも十分坐れます

そこで「息」のお話しです
普段、無意識で息してるんで
息にも「始発駅」を設定できる
とは思い浮かびません

坐禅では
各指先つめ先が意識しやすい
息をはく時
身体の外周先端(つめ先)をピン止めして
そこを始発駅にして
そこから糸を張るよに身体の中心方向へ引く
この力の集約感と息をはく「音楽感」
それを同期同調する事が、坐禅ではしやすくなります


息を吸い込む時は
身体の中心が押さえられて
身体末端(つめ先)から息が湧き上がる感じでしょうか

周辺から湧き上がり、中心へ滅す


気のせい、
と言えばそれまでですが
なんきゃパっとしないなぁ~、よりは
なんかシャキィと清々しい感じ
同じ気のせいなら、後者の方がぜんぜんいい

「さとり」は遠方にもあるかも知れませんが
身近身体ん中にも形成できる
できうるものだ、でしょうか






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
.
.
正法眼蔵は、
私達を鼓舞し導いてくれる
温かき遺産ではないか?
でした。



坐禅体験ご希望の方へ

「 国際交流のための坐禅会
     at 仙台国際センター

希望日時に合わせ随時開催
参加費 は 3,000円 でした。
....(施設予約状況[会議棟・和室]をご確認下さい。)


お問い合わせ先
newstoday343@gmail.com
佐々木正巳

開催者 Profile
1979年~ 
....澤木興道老師門下の
....沼田勇医学博士に師事
....大仁坐禅会に参禅
2006年
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 東京国立博物館 )
2006年~
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 仙台国際センター )













.

最新記事