FC2ブログ

記事一覧

ピラミッドの秘密  「 做手脚 sa-syu-kyaku 迄 ita らず 」 8





ピラミッドの秘密  「 做手脚 sa-syu-kyaku 迄 ita らず 」 8


尾てい骨から吊られて
上半身は宙に浮いたように軽々
こうイメージしても
腰から下が持ち上がるはずもなく


20210208SS00002.png


逆に普段意識されない
どうしようもない重みが意識されますが
上半身を上方向へ虚にして
それで感じる重みって
普段と違う 「重み感」 になります



20210209SS00003.png


上半身が軽で「虚」
踏み込む脚が「実」
腰腹・両股関節がその中間で
「虚実」になりそうですが
実際は腰腹・両股関節が実となり
脚が「虚実」となります

このような説明を聞いても
あくびが出そうなお話しですが
強く踏み込むとか
ここで踏ん張るとか
日常動作から芸能・スポーツまで
どう踏み込むか、脚を使うか
その考え方で大きな違いが出る事は
論を待ちません


20210209SS00002.png




何かへんな坐り方?
こんな坐り方見たことない
これは肥田春充先生の椅子運動法です

上半身の虚
腰腹・両股関節の実
これは、脚の「虚実」 と 3点セットなので
脚の置き方がこうなるんですね
脚は付いてるだけ
そこで上半身が吊られれば
腰腹・両股関節は力をこめなくとも
自動的に実となる
どうしてでしょう






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ