FC2ブログ

記事一覧

ピラミッドの秘密  「 做手脚 sa-syu-kyaku 迄 ita らず 」 8





ピラミッドの秘密  「 做手脚 sa-syu-kyaku 迄 ita らず 」 8


尾てい骨から吊られて
上半身は宙に浮いたように軽々
こうイメージしても
腰から下が持ち上がるはずもなく


20210208SS00002.png


逆に普段意識されない
どうしようもない重みが意識されますが
上半身を上方向へ虚にして
それで感じる重みって
普段と違う 「重み感」 になります



20210209SS00003.png


上半身が軽で「虚」
踏み込む脚が「実」
腰腹・両股関節がその中間で
「虚実」になりそうですが
実際は腰腹・両股関節が実となり
脚が「虚実」となります

このような説明を聞いても
あくびが出そうなお話しですが
強く踏み込むとか
ここで踏ん張るとか
日常動作から芸能・スポーツまで
どう踏み込むか、脚を使うか
その考え方で大きな違いが出る事は
論を待ちません


20210209SS00002.png




何かへんな坐り方?
こんな坐り方見たことない
これは肥田春充先生の椅子運動法です

上半身の虚
腰腹・両股関節の実
これは、脚の「虚実」 と 3点セットなので
脚の置き方がこうなるんですね
脚は付いてるだけ
そこで上半身が吊られれば
腰腹・両股関節は力をこめなくとも
自動的に実となる
どうしてでしょう






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

62歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師 
師 瀬島 龍三 先生 


----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生










.

最新記事