FC2ブログ

記事一覧

行 持   「 洛陽にいたりぬ 」



正法眼蔵 行 持  下
 「 廓然無聖 」

 
帝曰く
朕 ware に対する者は誰 ta そ
師曰く
不識 hu-siki
帝、領悟 ryo-go せず
師、機の不契 hukei なるを知る

 ( 武帝が述べられます
 ( 師は、凡も聖もないと述べられましたが
 ( 師は、凡なのですか、聖なのですか
 ( 師がお答えになります
 ( 「 識りません 」
 ( 武帝は師の言葉を理解出来ません
 ( 達磨大師も武帝とは
 ( 仏道の因縁が熟してないと知ります



20200828SS00001_20200828185815f49.png

ゆゑにこの十月十九日
ひそかに江北にゆく
そのとし十一月二十三日、洛陽にいたりぬ

 ( 武帝と良好な関係にならず
 ( 10月19日 [ 527年]
 ( 金陵 kin-ryo を離れ
 ( 長江を北へ向かいます
 ( 11月23日、魏の洛陽に至ります



20200828SS00002_2020082818581477b.png

嵩山 su-zan 少林寺に寓止 gu-si して
面壁而坐 menpeki-niza 、終日黙然なり
しかあれども、魏主も不肖にしてしらず
はぢつべき理もしらず

 ( そして、嵩山少林寺に入り
 ( 壁に向かって坐し
 ( 一日を神妙坐禅の中に暮らします
 ( その地、魏の主も
 ( 達磨大師が何をなされているのか
 ( 知りえませんでした



20200828SS00004_2020082818581684a.png

師は南天竺の刹利種 seturi-syu なり
大国の皇子なり
大国の王宮その法ひさしく慣熟せり

 ( 達磨大師は
 ( 南インドの王族の出身でした
 ( 大国の皇子で、大国の王宮では
 ( 静謐坐禅の法が受け継がれていました



20200828SS00005_20200828185817bfc.png

小国の風俗は、大国の帝者に
為見のはぢつべきあれども
初祖うごかしむるこころあらず

 ( 小国の風俗には
 ( 静謐坐禅の法は伝わっておらず
 ( 恥ずかしいことと言えますが
 ( 達磨大師はそれを
 ( 蔑むことはありませんでした



20200828SS00006_2020082818581867c.png

くにをすてず、人をすてず
ときに菩提流支の
訕謗 sen-bo を救せずにくまず
光統律師が邪心を
うらむるにたらず、きくにおよばず

 ( どのような国でも見捨てず
 ( どのような人でも見捨てず
 ( 時に他の考え方をする
 ( 仏者の誹謗を受けましたが
 ( 動ずることなく、憎むことなしでした
 ( また邪心とも言える
 ( 排斥を受けても、恨むことなく
 ( 気にもとめませんでした



20200828SS00007_20200828185822bf5.png

かくのごとくの功徳おほしといへども
東地の人物、ただ尋常の
三蔵および経論師のごとくにおもふは
至愚なり、小人なるゆゑなり

 ( 達磨大師には、このように
 ( 大きな功徳があるのですが
 ( 中国の人々が
 ( 達磨大師に接しても
 ( 普通の三蔵の師や
 ( 経文を講じる師のように思ったことは
 ( まことに愚かで、残念なことでした



20200828SS00008_202008281858215ae.png

あるひはおもふ、禅宗とて
一途の法門を開演するが
自余の論師等の所云も
初祖の正法もおなじかるべきとおもふ
これは仏法を濫穢せしむる小畜なり


 ( 達磨大師は禅宗と称し
 ( 一法門を主張されたけど
 ( ほかの経論の師たちと
 ( 結局、同じではないか
 ( そのように受け止める人もいました
 ( これは、達磨大師の本意
 ( 仏法の真価を受け止められない
 ( とても残念なことでした



20200828SS00009.png

初祖は釈迦牟尼仏より
二十八世の嫡嗣 teki-si なり
父王の大国をはなれて
東地の衆生を救済する
たれのかたをひとしくするかあらん。

 ( 達磨大師は
 ( 釈迦牟尼仏の真価を引き継ぐ
 ( 二十八代目の継承者です
 ( 父王の大国を離れ
 ( 中国の人々の救済に向かわれました
 ( 誰が達磨大師と
 ( 肩を並べることが出来るでしょう



20200828SS00010.png

もし祖師西来せずば、東地の衆生
いかにしてか仏正法を見聞せむ
いたづらに名相の沙石に
わづらふのみならん

 ( もし達磨大師が
 ( インドから来なければ
 ( 中国の人々は、どうして
 ( 仏法の正法を知りえたでしょうか
 ( いたずらに無数の経文の中に
 ( 迷い煩うしかなかったはずです



20200828SS00011.png

いまわれらがごときの
辺地遠方の披毛戴角 himo-tai-kaku までも
あくまで正法をきくことえたり

 ( 今、日本のような
 ( 辺地遠方にあっても
 ( ちゃんと、正法を聞くことが出来ます



20200828SS00012.png

いまは田夫農夫
野老村童までも見聞する
しかしながら祖師航海の行持にすくはるるなり

 ( 今では農夫であっても
 ( 老人子供をとわず
 ( 仏法に接することが出来ます
 ( こうなりえたのは
 ( 達磨大師が海を渡り
 ( 静謐坐禅の行を中国に伝えた
 ( その功徳因縁によるのです



20200828SS00001_20200828185815f49.png

 ( 武帝が問います
 ( 師は、凡ですか、聖ですか?
 ( 師がお答えになります
 ( 「 識りません 」

 ( 迷情苦悩を因数分解すると
 ( 「 識り過ぎてる 」 が現れます
 ( 「 識り過ぎてる 」 とはどういう事でしょう
 ( 正しい 〇、その一円を高圧な筆致で描きます
 ( その結果どうなるでしょう
 ( 周り四方は、屈強な正しくない事ばかりです



20200828SS00004_2020082818581684a.png

 ( 達磨大師の静謐坐禅
 ( 如是の法は
 ( 違う展開を見せてくれます
 ( 正邪真偽幸不幸は確かにあります
 ( ありますが、それらは次々と現れて
 ( 身十字の静謐の中へ
 ( 次々と帰り去ります、消え行きます
 ( 正邪真偽幸不幸は確かにありますが
 ( それらは 「 障り 」 とはなりません



20200828SS00005_20200828185817bfc.png

 ( 体 tai 自 onozuka ら空寂なり
 ( これは、からっぽのことではなく
 ( 滞らない、さわりがない状態
 ( 達磨大師や祖師方は
 ( 何故そんな事が出来るのでしょう

 ( 達磨大師や祖師方が
 ( 指し示す 「 身命を捨てる 」 って
 ( どんな意味か、これが問題です
 ( 「 身命を捨てる 」 って
 ( 心を麻痺させて、つっきる事?
 ( であるわけがありません



20200828SS00007_20200828185822bf5.png

 ( 達磨大師や祖師方が
 ( 指し示す 「 身命を捨てる 」 とは
 ( 心象であれ体感であれ一切を
 ( 坐禅の十字中心へ送り届ける事
 ( すべての、十字静謐への御帰還が
 (  「 身命を捨てる 」 の意味だと言えます



20200828SS00009.png







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ