FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 習 禅 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 習 禅 」


石門の林間録に云く
菩提達磨、初め梁より魏にゆく
嵩山のふもとに経行 kin-hin し
少林に倚杖 i-zyo す

 ( 石門の林間録によれば
 ( 菩提達磨大師は
 ( インドから梁の国へ渡り
 ( その後、魏の国へ赴いたと
 ( そして、嵩山 su-zan のふもと
 ( 少林寺に静謐坐禅の場をえたと



20200831SS00001.png

面壁燕坐 menpeki-enza するのみなり
習禅には非ず
久しくして人 其の故を測ることなし
因て達磨を以て習禅と為す

 ( 達磨大師は壁に向い
 ( 静かに坐すのみです
 ( それは、Step up な習い事
 ( そのようなものではなかったのです
 ( 人々は、長い間
 ( その意味を理解出来ません
 ( 理解出来ず
 ( 習練をなされてる、そう見えました



20200831SS00002.png

夫れ禅那は、諸行の一なるのみ
何ぞ以て聖人を尽すに足らん
而も当時の人、之を以てす
為史 i-si の者、又従って
習禅の列につらね
枯木死灰の徒 tomogara と伍 tomo ならしむ

 ( 禅定は
 ( 多くの修行の中の一つです
 ( どうしてそれで、達磨大師の
 ( その行の意味を説明出来るでしょう
 ( 達磨大師は、習練をなされてる
 ( そう、当時の人達には見えました
 ( 歴史家も達磨大師は
 ( 禅定を習練してる、と判断し
 ( 死んだ灰のような者と
 ( 同じグループに分類しました



20200831SS00003.png

然りと雖も、聖人は
禅那に止まるのみに非ず
しかも亦 禅那に違せず
易の陰陽より出でて
しかも亦 陰陽に違せざるが如し

 ( しかし、この聖人の行は
 ( 禅定修練を超えでてます
 ( それでいて禅定におさまっています
 ( それは易が
 ( 陰陽の二気から発展すれど
 ( 陰陽の中におさまっているようなものです



20200831SS00004.png

梁武、初めて達磨を見し時
即ち問う、「 いかならんか是れ聖諦第一義 」
答えて曰く、「 廓然無聖 」


 ( 達磨大師に会うことが出来
 ( 梁の武帝は問います
 ( 聖人の第一義とはどのようなものでしょう
 ( 師はお答えになられます
 ( 滞留するもの、心中にそれがありません
 ( 一切が静謐の中へ消えゆきます
 ( 聖か凡か、正か誤か
 ( 重い規定判断は避けます



20200831SS00005.png

 ( それは、聖なのか凡なのか
 ( それは、正しいか正しくないか
 ( これは感覚や感情の内容ではありません
 ( 内容は滞りなく流れてます
 ( しかしそれを重く判断する
 ( その思考スキームは
 ( 心中に屈強居座ってます



20200831SS00006.png

 ( P C 容量の90%
 ( そこに O S やソフトの
 ( program が入ってるとします
 ( 作業場は10% しかありません
 ( program
 ( pro (前もって) gram (書き物)
 ( たとえば display の90%を
 ( 固定な広告が占めてたら
 ( 気が変になりそうです



20200831SS00007.png

 ( そもそも論で
 ( どんな O S を使おうか
 ( って選択肢があるはずですが
 ( O S はバックヤードで
 ( 機能してるので意識化されません
 ( 意志感情思考
 ( そのバックヤードで機能する
 ( 基幹O S があるかも知れません



20200831SS00008.png

 ( 達磨大師の面壁坐禅は
 ( 意志感情思考、その基幹 O S を
 ( 入れ替えられる、入れ替えましょう
 ( その具体策のようです

 ( 面壁坐禅の時
 ( 「 廓然無聖 」 という
 ( 正法眼蔵O S に入れ替わってます
 ( 眼が外向きでなく
 ( 内十字に逆向きになってる
 ( それだけでも大転換ですし
 ( 何故、内十字中心へ
 ( どこまでも視線を投げ込めるか
 ( 視野が展開するのか
 ( 日常と比較すれば、驚異的とも言えます


20200831SS00010.png






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事