FC2ブログ

記事一覧

行 持  下 「 焼香.礼拝.念仏.修懺.看経 を用いず 」




正法眼蔵 行 持  下
「 焼香.礼拝.念仏.修懺.看経 を用いず 」


又いはく、参禅は
身心脱落 sinzin-daturaku なり
焼香 礼拝 念仏 修懺 syu-san 看経 kan-kin を用いず
祗管 si-kan に坐して始めて得ん


20210319SS00001_202103190948010d5.png


 ( 私の師である
 ( 天童如浄禅師 1163-1228 は
 ( こう述べられました
 ( 参禅とは、心を身から離して
 ( 身から離れた心が、身を正すことです

 ( 心を身に、深く浸入させて行う
 ( 焼香礼拝や念仏
 ( 懺悔 読経とは対極にあります

 ( 心を身から離し
 ( しかもその身を捨てることなく
 ( 大事なものとして扱う

 ( 参禅とは、
 ( 心を身から離して [ 一度死んで ]
 ( その屍で活きた仏像を創ることです






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

62歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )











.

最新記事