FC2ブログ

記事一覧

谿声山色  11 「 更に疑はず 」






正法眼蔵 谿声山色  11
「 更に疑はず 」


又 霊雲 rei-un 志勤 si-gon 禅師は
三十年の辨道 ben-do なり
あるとき遊山するに
山脚 san-kyaku に休息して
はるかに人里を望見す
ときに春なり、桃華のさかりなるをみて
忽然 kotu-nen として悟道す

 ( 霊雲志勤禅師は
 ( 三十年にわたり
 ( 坐禅行を続けられた
 ( ある日、遊山にでかけ
 ( 山すそに休息し、遠く人煙を望みます
 ( 時は春、桃の花
 ( あわく咲きほこるを見
 ( 忽然と、心身の疑いが晴れます


20210507SS00001.png


偈 ge をつくりて
大潙に呈するにいはく、

「 三十年来 尋剣 zin-ken の客
.......幾回 iku-tabi か葉落ち又
.......枝を抽 nuki んづる
.......一たび桃華を見てより後
.......直に如今に至るまで更に疑はず  」

 ( 詩を作り
 ( 大潙禅師 (771-853) に呈上します

 ( 三十年来、船上にあって
 ( 川に落とした剣を
 ( 船べりにつけた印をたよりに
 ( 探すような事をして来た
 ( その間、桃の木は幾たび葉を落とし
 ( 枝を伸ばしたことでしょう
 ( ひとたび桃の花を見てからは
 ( もうこの心身を疑うことはありません

大潙いはく
「 縁より入る者は、永く退失せじ 」
すなはち許可するなり

 ( 大潙禅師これを読み述べられます

 ( 長く行をなし、機が熟しての縁
 ( それがくつがえることはありません

 ( 大潙禅師は、よしとされます





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ