FC2ブログ

記事一覧

谿声山色  13 「 自己のおのづから自己にてある 」




正法眼蔵 谿声山色  13
「 自己のおのづから自己にてある 」



長沙 tyo-sya 景岑 kei-sin 禅師に
ある僧とふ

「 いかにしてか
........山河大地を転じて
........自己に帰せしめん........」

師いはく

「 いかにしてか
........自己を転じて
........山河大地に帰せしめん........」

 ( ある僧が
 ( 長沙景岑禅師に尋ねます

 ( どうすれば山河大地を
 ( 我がものに出来るでしょうか

 ( 師は答えます

 ( この身を、どのようにすれば
 ( 山河大地の所有へ戻せるだろうか




20210511SS00001.png




いまの道趣 do-syu は
自己のおのづから自己にてある
自己たとひ山河大地といふとも
さらに所帰 syo-ki に
罣礙 kei-ge すべきにあらず

 ( この言葉の意味はこうです
 ( 自我は、それ自体に根拠を有しています
 ( それ自体に根拠を有している
 ( それゆえ自我(自己) といいます
 ( 身体が山河大地に帰しても
 ( 失われる事はありません




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

62歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )











.

最新記事