FC2ブログ

記事一覧

行 持 「 嫡嫡面授 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 嫡嫡面授 」


真丹国には
いまだ初祖西来よりさきに
嫡嫡単伝の仏子をみず
嫡嫡面授の祖面を面授せず
見仏いまだしかりき
のちにも、初祖の遠孫のほか
さらに西来せざるなり

 ( 達磨大師が中国に赴くまで
 ( 釈尊から続く坐禅の行を
 ( 伝える仏弟子はいませんでした
 ( それからも、達磨大師の縁者の他には
 ( これを伝えるものは、おられませんでした



20200916SS00001.png

 ( 「 嫡 Tyaku 」 世継ぎ・後継ぎの意味です
 ( 達磨大師は何を継承したのでしょうか
 ( 何を承り、保持したのでしょうか



20200916SS00002.png

 ( 自分を
 ( 六本の座標系の中心に置き
 ( 例えば、半径が土星まであるような
 ( 巨大な球体(球面)をイメージします
 ( 球面の上には
 ( 厳粛で壮麗な宇宙が広がってます



20200911SS00004_2020091606284068b.png

 ( この球面は
 ( 一つの眼だとします
 ( この眼は見たものを
 ( その内面(裏面)に移します
 ( その内面(裏面は) ALL360°で
 ( その景色をその球体の中心へと集めます
 ( その球体の中心に私が佇んでいます
 ( 達磨大師が継承し保持したものは
 ( この球面に映る
 ( 厳粛で壮麗な景色だったのです



20200916SS00003.png

 ( この集光球面が
 ( その通り機能するためには
 ( 何が必要でしょうか
 ( 自分が、中心に位置する自分が
 ( ちっぽけであればあるほどいい
 ( 電気が電圧差で流れるように
 ( 自分は、ちっぽけであればあるほどいい
 ( これは常識の真逆の方程式です



20200916SS00004.png

 ( 中心は 「 ちっぽけ ing 」 がいい
 ( その意味は
 ( 中心が低圧化してないと
 ( 十方からの流入が起こらないから



20200916SS00005.png

 ( そして、低圧化の実際です
 ( →腹 + 腰←
 ( 前後から中心へ→← します
 ( 静かに息が吐かれ
 ( 低圧化がキープされます



20200916SS00006.png

 ( 前後からの →←
 ( これは座標系では [ 1直線上にあり
 ( [ 2 向きが逆で 、[ 3 力は同量です
 ( この三つを同時にイメージしようとします
 ( 三つを同時にイメージすると
 ( ぼやっとしててもシャンとなります
 ( 不思議なのは、お顔もシャンとします



20200916SS00007.png




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ