FC2ブログ

記事一覧

古仏心 「 巴 鼻 」




正法眼蔵「 古仏心 」  3 )


圓悟禅師いはく
稽首す、曹谿、真の古仏しるべし
釈迦牟尼仏より第三十三世は
これ古仏なりと稽首すべきなり

圓悟禅師に
古仏の荘厳光明あるゆえに
古仏と相見しきたるに
恁麼の礼拝あり

しかあればすなはち
曹谿の頭正尾正を草料して
古仏はかくのごとく
巴鼻なることをしるべきなり

この巴鼻あるはこれ古仏なり



jpg5a3f68c060294_kataokatamako20.jpg

------------------------------------------------------------------



正法眼蔵第九巻は、「 古仏心 」 でした


「 巴 」 音読みは、ハ
訓読みは、ともえ・うずまき

その意は、
象をも飲みこむほどの
伝説上の巨大な蛇との事です

巴のような鼻とは
これは何を意味なされて述べられたのか?

本日の仮説はこうです

直径2cmの管(鼻)に、毎分1ℓの空気が流れてる
この管を直径1ミクロンに、代えてみたらどうなるだろう?

とんでもない気圧になるのかな?
さらにその直径を、その千分の一へとしたら
それは空気ではなくなり
イメージとしては、火に光になっちゃうかも


只今、不安定な板に坐り
腰力→←腹力 その集約力、それを研鑽中でした

そんな事して
何か意味あるんですか?です


下腹部の筋力を鍛錬して
一点集約に視点を合わせる
これって、鼻道をどこまでも細めて
巴鼻なる呼吸をするに同義哉と


そして火や光のような息を得て、どうするの?

様々な事に関心が持てる
同情できる温かい熱を保持する
そこへ繋がるのかなと





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
60歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい

https://ozigi.info/


















.

最新記事