FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 曇花一現 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 曇花一現 」


曇花 (donge) の一現は
やすかるべし
年月をまちて算数 (san-zyu) しつべし
初祖の西来は
ふたたびあるべからざるなり

 ( 優曇華の花は
 ( 三千年に一度咲きます
 ( 月日を待ちさえすれば
 ( この花を見ることが出来ます

 ( しかし、達磨大師が
 ( インドから来られて
 ( 厳粛壮麗を内に宿す
 ( 坐禅の行を伝えられた事は
 ( もう、二度とありえません



20200916SS00001_202009161618224bc.png

 ( 達磨大師が伝えられた
 ( 面壁坐禅はどこが稀有なんでしょう
 ( 達磨大師の行法は
 ( 動脈に働きかけず
 ( それは静脈に働きかけます



20200916SS00002_2020091616182616d.png

 ( 動脈に働きかける ?
 ( それは、血気盛んになる
 ( 信念であれ信仰であれ
 ( 力強く前へ進める感じ

 ( 静脈に働きかける ?
 ( それは、怖い時に血が引くように
 ( まさに内向きの神妙な感じです



20200916SS00003_20200916161830f35.png

 ( 座標系、その六本の矢
 ( それらがすべて中心へ向いてる
 ( 内十字をなしてる
 ( これが達磨大師の面壁九年
 ( その坐禅の稀有なところです



20200916SS00004_202009161618270a6.png

 ( 目の前に壁がある
 ( よいしょと超えて行くか
 ( がつんと壊そうかです
 ( 達磨大師の面壁坐禅は
 ( そんな非常識なセッティングです
 ( 目をつぶれば問題ないですが
 ( それでは睡眠の時間だし
 ( 普通に目を開いてたら
 ( 気が変になりそうです



20200916SS00005_20200916161828c2a.png

 ( 小さな身体の中で
 ( 六本の矢がすべて
 ( 中心へ向いてる
 ( 内十字をイメージ出来れば
 ( 目前にある壁は気にならない
 ( これが内十字の不思議です



20200916SS00006_20200916161830f76.png

 ( 六本の矢がすべて
 ( 中心へ向いてる内十字
 ( これをイメージ出来れば
 ( その集約力は小さな身体を超え
 ( 例えば
 ( 土星の距離が半径な
 ( そんな巨大な球体も
 ( 六本の矢で、把捉 (grab) 出来そう



20200916SS00007_202009161618194da.png

 ( 魔をイメージして
 ( 拘束されて苦しいか
 ( 土星の外の天空
 ( それがイメージ出来て
 ( 清々しい気持ちでいられるか

 ( この 「 なんとなく問題 」 って
 ( ぜんぜん何となくなくて
 ( 深刻な問題のよう思われます



20200916SS00008.png

 ( 座標系、六本の矢
 ( すべてが中心を向いてる
 ( 肥田春充先生の 「 腰腹同量 」
 ( これは貴重な指針です
 ( お世話になった沼田勇先生が
 ( 肥田先生と懇意になされてた
 ( そのご縁で
 ( 肥田先生の 「 腰腹同量 」 は
 ( 長年のテーマです



20200916SS00009.png

 ( → 腹 + 腰 ←
 ( 前後から中心へ →← 押す
 ( これは座標系で
 ( 1 直線上にあり 2 向きが逆で 3 力は同量です
 ( この三点トレーニングは
 ( 坐禅と関係なく
 ( どなたがなされても
 ( 健全な心身を構築してくれる
 ( そのように思われます



20200916SS00010.png

 ( → 腹 + 腰 ←
 ( この逆向きの力線が
 ( 「 直線上に位置する 」
 ( これだけでも目が覚めます



20200916SS00011.png







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ