FC2ブログ

記事一覧

「 返 照 」 を思う  1




2021091072800003.png




感覚や知覚はもちろん
心眼のような知覚でも
ある境界まで行って消えます
その先まで届かないし
何の報告もありません

感覚の境界の隣が
崇高なもの美しいものだったとします
放った感覚は 「 はて 」 で消えず
美しい! という判断として
戻ってきます、帰ってきます






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

正法眼蔵 

Author:正法眼蔵 
青葉坐禅堂


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで

最新記事

カテゴリ