FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 経師論師 」



正法眼蔵 行 持 下
 「 経師論師 」


しかあるに
祖師の遠孫と
称するともがらも
楚国の至愚にゑふて
玉石いまだわきまへず
経師論師も斉肩すべきとおもへり
少聞薄解によりてしかあるなり


 ( 私は達磨大師の法孫です
 ( そう名乗る者たちがいますが
 ( 楚国の愚かな人が
 ( 玉に似た石を大切にし
 ( 玉と石の違いを
 ( 知らなかったように
 ( 経典や論書を講じる師が
 ( 達磨大師と肩を
 ( 並べられると思っています
 ( これは仏法を聞くことが少なく
 ( 理解が浅いゆえなのです



20200918SS00001.png

 ( 経典や論書に依らず
 ( 十字神妙を
 ( シミュレーションすることが出来ます
 ( 幾何学的厳粛さがイメージ出来ます



20200918SS00002.png

 ( コンパスで円を描いたり
 ( 定規をあてて、鉛筆で直線を引く
 ( これは 「 行 」 働いてる感じです

 ( → 腹 + 腰 ←
 ( この逆向きの二力線
 ( 一直線上に並ぶよう、こころを澄ます
 ( これも思いや信仰と言うより
 ( 「 行 」 働いてる感じです



20200918SS00003.png

 ( 一直線上に並ぶよう
 ( こころを澄ます、働くわけですが
 ( → 腹 + 腰 ←
 ( 二つの力線が一直線上に並ぶ
 ( その実際は 「生行」 じゃなく
 (  「死行」 な感じがします



20200918SS00004.png

 ( 一直線上、これを身体で成すと
 ( 幾何学的厳粛さを感じます
 ( 「死行」 と言う言葉もへんですが
 ( 一直線上、頭では単純な事ですが
 ( 一直線を身体でなぞると
 ( 迷妄が死すように感じられます



20200918SS00005.png

 ( 屈強な迷妄に抱き着いて
 ( 有無も言わさず無理心中する
 ( 辞書をひいても
 ( この言葉 ( 無理心中 ) は
 ( ぞっとする言葉です



20200918SS00006.png

 ( 一人無理心中
 ( 達磨大師の面壁坐禅は
 ( 豊潤壮麗がゆえに
 ( 九年の月日が過ぎにけり
 ( なのですが、一面では
 ( 一人無理心中とも言うべき
 ( ぞっとするような峻厳さを保持
 ( なされておられた



20200918SS00007.png


 ( 一人無理心中
 ( 聞いただけでぞっとします
 ( しかし、この死は壮麗です
 ( 十字の中心、静謐の中へ
 ( 寂滅して行きます
 ( 恐ろしき死体を残しません



20200918SS00008.png





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ