FC2ブログ

記事一覧

行 持 「 正種なき 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 正種なき 」


宿殖般若の
正種なきやからは
祖道の遠孫とならず
いたづらに名相の邪路に
れいへいするもの、あはれむべし

 ( 過去世に
 ( 智慧の種を
 ( 植えていなかったかも
 ( それゆえ
 ( 達磨大師の法孫とならず
 ( いたずらに教理を検索し
 ( 迷路に幽閉されてしまった
 ( 致し方ないと言えます



20200919SS00001.png

 ( 過去世に
 ( 下準備してないから
 ( 現世でこうなっちゃった
 ( でもこの方程式は、未来へ向いてます
 ( 来世 、一千年後に
 ( 達磨大師の面壁坐禅を
 ( 親しく感じるためには、一千年前の今
 ( その種を植えるのが、よろしいと



20200919SS00002.png

 ( あなた様をなんと
 ( お呼びすればいいのでしょうか
 ( モーセの問いに
 ( 神がお答えられます
 ( 「 私 」 です
 ( 私とは、どう言うことでしょう
 ( 私とは、
 ( 自分が自分を指し示す言葉です



20200919SS00003.png

 ( 自分が自分で自分を指し示す
 ( これを幾何学的に表すと
 ( 六本の座標系すべてが
 ( 座標系の中心を指す感じ
 ( そう、内十字となります



20200919SS00004.png

 ( 達磨大師の面壁坐禅
 ( その実際は
 ( 身の中心を指し示す
 ( 内十字に他なりません
 ( 面壁坐禅の実際とは
 ( 「 私 」 する事に他なりません
 ( しかし、「 私 」 とは神のお名前です
 ( この二つを組み合わせると
 ( 達磨大師は何をなされてたか
 ( その推測が現れます


20200919SS00005.png

 ( 達磨大師の面壁坐禅
 ( その中で何が現じていたのでしょう
 ( 「 私 」 が現じてます
 ( 内十字なさっておられた、わけですから
 ( でもそれって
 ( 神が現じていた、と言う事ですか?
 ( そう問えます



20200919SS00006.png

 ( 達磨大師や道元禅師は
 ( だから自分は神なのだ
 ( そうは述べられません
 ( 内十字な面壁坐禅をなす時
 ( 誰でも 「 私 」 をなす事が出来ます
 ( それすなわち、坐禅の時
 ( 誰でも 「 神 」 そのものが
 ( その心身を十字に貫いてると



20200919SS00007.png

 ( でも 「 神 」 そのものが
 ( この心身を十字に貫くなら
 ( どんな変化が起こるのでしょう
 ( 生きた内十字
 ( その中心はどうなってるのでしょう
 ( 「 魔 」 がその中心へと
 ( 吸い込まれ? と言うより
 ( 押しつぶされ瓦解するはずです
 ( 生きた 「 点 」 ( 中心 ) とは
 ( 空間が無限に縮小して行くのですから



20200919SS00008.png

 ( 迷妄と言い、業と言い
 ( 「 魔 」 は
 ( 天上の位階では
 ( 人の太刀打ち出来る相手
 ( ではない、と言うのが
 ( 東西を問わず現実を認識されて来た
 ( 先聖方の共通認識のようです
 ( 不良大学生力士に、中学生力士が
 ( かなうわけがないと
 ( では不良大学生力士に
 ( どのようにして退場して頂くか



20200919SS00009.png

 ( 大相撲の横綱に助太刀頂く
 ( 不良大学生力士も
 ( 横綱にかかれば、なす術がありません
 ( 世界中で
 ( キリストをその方の自我にまで
 ( 受け入れた方が
 ( 不動の信仰力をお持ちになられたのは
 ( この道理からも推測されます
 ( 達磨大師の面壁坐禅には
 ( 神の名は登場なされませんが
 (  「 私 」  そのど真ん中をなしてます
 ( 我が内なるキリスト、そう述べられた
 ( パウロのようです



20200919SS00010.png

 ( 内十字 = 「 私 」 の
 ( その中心はこうなっています
 ( →←
 ( この二矢は対峙しておらず
 ( 正面衝突 ing です
 ( 自転車で壁に衝突しそう
 ( そんな時は、本能的に
 ( 正面衝突を避けます
 ( 角度をつけて、衝突力を逃がします
 ( 自転車ですらそうですから
 ( 車の正面衝突など
 ( 想像することすら、躊躇されます



20200919SS00011.png

 ( 内十字なる
 ( 達磨大師の面壁坐禅
 ( その中心では恐ろしき
 ( 正面衝突が起きてる
 ( その正面衝突の破壊力は
 ( 一般生活からも十分イメージ出来ます
 ( 「 波もくだけて 光とぞなる 」
 ( 道元禅師の御歌の一節でした






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ