FC2ブログ

記事一覧

大 悟  「 自己眼晴裏 」


正法眼蔵「 大 悟 」  4)


臨済院慧照大師云く
大唐国裏、一人の不悟者をもとむるに難得なり

いま慧照大師の道取するところ
正脈しきたれる皮肉骨髄なり
不是あるべからず

大唐国裏といふは、自己眼晴裏なり
尽界にかかはれず、塵刹にとどまらず
遮裏に不悟者の一人をもとむるに、難得なり
自己の昨自己も不悟者にあらず
他己の今自己も不悟者にあらず

山人・水人の古今
もとめて不悟を要するにいまだえざるべし
学人かくのごとく、臨済の道を参学せん
虚度光陰なるべからず


2019年11月21日04


------------------------------------------



正法眼蔵 第十巻「 大 悟 」でした


自己眼晴裏には、
一人の不悟者もおられない

これを反対側から訳すると
自己眼晴[表]の時
不悟者たる事、免れず。でしょうか

道元禅師の教育programは
すべての言説が姿(威儀)を正す事へ
帰着している、とすると

この「 自己眼晴裏 」の意味は
目は閉じてないけれど
その視線は身を正す=内を向いてる
そのお外に対する内を「裏」で表現されてる

これが本日の仮説でした。





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
60歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい

https://ozigi.info/


















.

最新記事