FC2ブログ

記事一覧

坐り方の工夫 61


坐り方の工夫 61


坐禅のとき、
袈裟をかくべし
蒲団をしくべし
蒲団は全跏にしくにはあらず
跏趺の半ばよりはうしろにしくなり

しかあれば
累足のしたは坐蓐にあたれり
脊骨のしたは蒲団にてあるなり
これ仏々祖々の坐禅のとき坐する法なり

.......................
正法眼蔵 「 坐禅儀 」より




2019年12月16日09




------------------------------------------

お尻を上げて足組みをする
これが坐禅の特徴でした
座蒲(zafu)でお尻を上げますが
何か、しゃんとしません

本日の工夫は

1. 2×4木材二段重ねの木片を座蒲の代用とします
2. がつんと荷重し&前へにじり進み、木片の後ろを浮かせます
3. 木片の下面に荷重するのでなく
   下面の一辺で支えるようにしてみます
4. スケート靴のような、不安定な底辺を keep します



2019年12月16日06




検証報告

1.「垂直系」..........頭頂→額→眉間→Agito→鳩尾→
2.「左右系」..........接地してる木片の底の一辺
3.「前後系」..........不安定ゆえにバランスとろうとする前後、腰腹の拮抗


あたかも三次元座標系が
接地一片の不安定さから形成されるような、です

2019年12月16日07



力さん達は、安定させようと
自発的に集合して下さるのかしら? そう思えてきます

私の役目はと言うと
不安定な一辺荷重を、ガツンと Keep する事かしら?






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。

師 沼田 勇 先生 ( 玄米 )
師 中川 宗淵 老師 ( 三島 龍沢寺 )
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生
















.

最新記事