FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 自称せん 」



正法眼蔵 行 持  下

 「 自称せん 」


西天にいたりて
正師をみたるといふ
たれかその人
いまだきこえざるなり
もし正師にあはば
いくそばくの名称をも自称せん
なきによりて自称いまだあらず

 ( インドに行って
 ( 師に会ったという人を
 ( 聞いたことがありません
 ( 師に会っていたなら
 ( その名を自ら言うことでしょう
 ( 会ってないから述べないのです



20200928SS00010.png
 ( 道元禅師は
 ( お堅いイメージですが
 ( この一節からは
 ( 気さくな感じが伝わって来ます

 ( いい事があったら
 ( 述べたくなりません
 ( いい出会いはその方を満たし
 ( あふれ出て来るはずじゃないっ



20200928SS00003.png
 ( 達磨大師、道元禅師の師とは
 ( 面壁坐禅であり只管打坐に他ならない、とも言えます
 ( それを人の師から承った感じでしょうか

 ( しかし、この師は
 ( やってみても全然ぴんとこない!
 ( お会いしても、どんな方か
 ( まったく理解出来ないので
 ( やっかいです


20200928SS00002.png
 ( 前の文章と矛盾しますが
 ( 感動があふれ出る、とならず
 ( 身の構え、その十字中心へと
 ( 感動が流入寂滅してゆく
 ( そんなスキームです
 ( 通常の意識感覚と逆です



20200928SS00001.png
 ( 精神疾患の患者数 
 ( 日本で400万人?
 ( 世界のうつ病患者数 3億人?
 ( この師 ( 面壁坐禅 ) が簡単に
 ( 受け入れられるものだったら
 ( そのような病・事態は
 ( 起こりえなかったかもしれません



20200928SS00009.png
 ( 三次元座標系
 ( 中心へと続く、六本の矢
 ( これに沿って素直に
 ( 「 引きこもり 」 すれば
 ( すべての矢は真逆からやって来ますので
 (  [ +A ] + [ -A ]
 ( 正反対の同量が衝突し、相殺されます

 ( 送付した請求書の額と
 ( 届いた請求書の額が同じ
 ( なんて事は普段ありえないので
 ( この相殺はイメージしづらい
 ( かも知れません



20200928SS00011.png
 ( 三次元座標系
 ( 中心へと続く、六本の矢
 ( これは科学的とか精神的とか
 ( そのような観念とは別次元
 ( あえて言葉にするなら
 ( 「 理念 」 のようなものでしょうか

 ( 観念・精神空間って
 ( 個人的にも、時代的にも
 ( どんどん変わって行きます
 ( 「 理念 」 はその背後にあって
 ( ひょうひょうとなされてる


20200928SS00007.png
 ( 三次元座標系
 ( 身体的にはそれは三半規管
 ( に依存しています
 ( 事故とかで損傷を受けますと
 ( もう、前後左右上下を認識出来ません
 ( この三半規管って
 ( どのように形成されたのでしょう ?



20200928SS00006.png
 ( では、目はどうでしょうか 
 ( 自然に形成されたとも言えます
 ( しかし、光が目を生成なされた
 ( と言う方が説得力があります
 ( 一万年前に洞窟深く移住した
 ( その動物は、栄養が目にいかず
 ( 目は退化消滅して耳が発達した
 ( この説明は十分理解出来ます
 ( 光が先で、目の形成が後に来る
 ( これは大事が着眼なのかも知れません



20200928SS00005.png
 ( 雪の結晶は自然にできる
 ( 確かにそうですが
 ( ある形成力が外から働きかけて
 ( フリーなそれを、そう形づくった
 ( 雪の結晶は、その素直な模写とも言えます

 ( 三次元座標系
 ( 中心へと続く、六本の矢
 ( 三半規管の形成はどうでしょうか
 ( ある形成力が外から働きかけて
 ( 身体にその模写を形成した
 ( ・ ・ と します
 ( 宇宙?太陽系?時間と空間?
 ( どこからか、その形成力が働きかけた
 ( これを逆に戻るところに
 ( 達磨大師のマジックがあるのかも、です

 ( 三半規管と言う模写に沈潜して
 ( ルート順番を逆に戻って
 ( その形成力へアプローチなられてる

 ( 秋明菊を通して
 ( 秋の精霊達へアプローチ出来るかも
 ( でしょうか



20200928SS00004.png





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ