FC2ブログ

記事一覧

坐禅の仏道たる所以 (yu-en)  5




威儀を正すなら
上下ベクトルを打ち込むなら
我が身は
 「 対 象 」 となるはず
 = 坐禅となるはず

でも、ただ坐っても
我が身が、対象にならない
坐禅にならないのは、何故なのか?


2021110872800003.png


2021111172800012.png


2021111172800011.png



2021111172800010.png



このように展開するなら
我が身は 「 対象 」 の反対
自我の牙城となっちゃいます

2.と 3.の間に重要な認識が必要となります




2021110872800016.png


身体内壁の充満
形 (エーテル) の充満とは何でしょう

上下ベクトル・威儀にて
身体へ打ち込まれた 「 自我 」 が
形(エーテル)に自らを映しだしてる
この認識が必要となります

ルドルフ・シュタイナー先生が述べられた
「 永遠の自我の鏡像
................それが、形 (エーテル) の充満です   」

この認識です




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

62歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )











.

最新記事