FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 業 力 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 業 力 」

また真丹国にも
祖師西来よりのち
経論に倚解 i-ge して
正法をとぶらはざる僧侶おほし
これ経論を披閲すといへども
経論の旨趣にくらし
この黒業は今日の業力のみにあらず
宿生の悪業力なり

 ( 達磨大師が中国へ
 ( 面壁坐禅を伝えられました
 ( その後も経論をたよりとし
 ( 面壁坐禅に近づかない
 ( 僧侶が多くおられた
 ( 経論を見てるのですが
 ( その本意に近づけないのです
 ( この曇りは、この今生に
 ( わけがあるだけではなく
 ( 前世に準備してこなかったという
 ( そんな側面が影響しているのです



20200929SS00001.png
 ( 輪廻転生が事実とします
 ( 身体は失くします
 ( 心魂の精髄はその後も
 ( 別の在りようで、別の時空?で
 ( 別の生を営むこととなって
 ( ほぼ一千年後
 ( 環境が今とはまったく違った
 ( この地球に生まれて来る
 ( また身体の中で次の一生を営むと



20200929SS00002.png
 ( 輪廻転生が事実とします
 ( 前世で準備してこなかった
 ( これは痛いお話です
 ( 一方、遠い来世を考えると
 ( 研究検証、試行錯誤
 ( それを自由に出来る今
 ( 真面目に進めないと
 ( そうも思えてきます



20200929SS00003.png
 ( フルマラソンを走りぬく
 ( 冬の富士山に登山する
 ( 心身ともに試行錯誤な
 ( 準備の日々があればこそ
 ( なんだろうなと思います
 ( それと比較して面壁坐禅は
 ( 体力や技術が必要とは思えません



20200929SS00004.png
 ( 普通、冬山には行かない
 ( これと
 ( 普通、面壁坐禅はしない
 ( この二つは似てるかも知れません
 ( 身体をしなやかに操る事が出来る
 ( クライマーのクライマーたる所以です



20200929SS00005.png
 ( 面壁坐禅は外傷の危険は
 ( なさそうですが
 ( 一見、ぼやっと坐ってる
 ( その身体の中に
 ( ベクトルの矢がその中心へ向く
 ( 六本の矢からなる 「力線構造」
 ( それをつくってます



20200929SS00006.png
 ( 目をつぶっちゃうか
 ( 考え事のお時間になっちゃう
 ( 坐禅にならないのは
 ( この 「力線構造」 がつくれないから
 ( ではなぜつくれないのか
 ( これがやっかいな問題です



20200929SS00007.png
 ( 冬空にある一個の水滴
 ( 何気その身中に
 ( おしゃれ幾何なる雪の結晶
 ( そのラインを描けます
 ( 何故でしょうか



20200929SS00008.png
 ( 冬空にある一個の水滴
 ( 雲団から離れ
 ( 一人フリーになってて
 ( 天空の力線を受け入れられる
 ( その条件が整ってたから
 ( その身に天空を模写出来た
 ( そう推測されます



20200929SS00009.png
 ( 天空の力線を受け入れる
 ( そのご準備
 ( 今生の面壁坐禅との格闘?
 ( 試行錯誤は
 ( まさにそのご準備のように思われます



20200929SS00010.png
 ( 地表も社会も一千年後は
 ( 大いに変化してることでしょう
 ( その時にあっても
 ( 天空の力線を受け入れる事が
 ( すこしでも出来たなら
 ( そこでも力強く生きていけるかも
 ( でしょうか



20200929SS00011.png



.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ