FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴 「 一時の出現 」



坐禅箴 9 )


大寂曰く
磨瓦あに鏡を成すことを得んや

まことに磨瓦の鉄漢なる
他の力量をからざれども
磨瓦は成鏡にあらず
成鏡たとひなりとも
すみやかなるべし

南嶽いはく
坐禅あに作仏を得んや

あきらかにしりぬ
坐禅の作仏をまつに
あらざる道理あり
作仏の坐禅にかかはれざる
宗旨かくれず

大寂いはく、如何即是
いまの道取、ひとすぢに
這頭の問著に相似せりといへども
那頭の即是をも問著するなり

たとへば
親友の親友に相見する
時節をしるべし
われに親友なるはかれに親友なり

如何即是
すなはち一時の出現なり



2019年12月29日01


 
正法眼蔵第十二巻は 「坐禅箴(ざぜんしん)」でした


親しみを感じる
相手も同じようように
親しみを感じてるだろう

この方程式の正誤如何?
これを考察して思うは
片思いもあるでしょう? でしょうか

ストーカー的片思いは
その現実は笑えない一つの悲惨さですね

現代人は理知的になって
神仏に片思いする事は
減って来たように思えます

では片思い盲恋は減ったか?
と言うと対象を変えて厳然と猛威を振るってる
そのようにも見受けられます


様々な価値観や信念があって
人それぞれ、それでいいのでは?
とも言えます

しかしそれこそが
悲惨の温床ではないだろうか
ある状況・人間関係を前提とした価値観や信念で
それが取り除かれば、後には悲惨のみが残る
と言う怪しげな精神スキームになってるのでは?です


一方、祖師方の精神スキームは
Simple明快ですね


頭頂・眉間・人中・鳩尾と
息をはき身体前面・任脈を下る
息をすい背中・督脈を上る
もって姿勢威儀を正す、あぁ清々する!

一切の状況.境遇.人間関係に関せず
姿勢一本で元気を創出出来うる


状況や孤独に左右されず
いつでもお元気であられる
だからこそ
社会のお役に立つ事も出来ようし
他者にやさしい言葉もかけられる

状況.人間関係から
独立していればこそ
その中に余裕を持って参画出来る


普通はその逆になっちゃう
価値観や信念を大事にして
その結果が思う通りいかず
すさんだ冷たい内面を
構成するのですから

祖師方の思考スキームは
練りに練ったもの
現実の生活から導き出された
超リアルなものであると思われます








コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。


「 姿勢レッスン 」はこちらでした。

https://ozigi.info/






.

最新記事