FC2ブログ

記事一覧

弁道話 「 凡聖の道 」




Utagawa Hiroshige 1130 0906


正法眼蔵 「 弁道話 」  39 )


しかあるを、いまはまさしく
仏印によりて万事を放下し
一向に坐禅するとき
迷悟情量のほとりをこえて
凡聖のみちにかかはらず
すみやかに格外に逍遥し
大菩提を受用するなり
かの文字の筌罤に関わるものの
肩を並ぶるにおよばんや




-------------------------------------------------------



「 凡聖の道に関わらず 」

凡人を脱して聖人にでも
なりたいもんじゃにゃ
これが人情チュもんでしょうか
自分に対しても人を見ても
そぉ思ってしまう

しかし祖師方や道元禅師は
何寝ぼけた事言うちょるん
お顔洗ってから来なはれ
でしょうか

凡の聖のと、
人と競争しても始まらんがな
誰でも銘々自己をお持ちやないか
そん唯一ご本人専有の自己をして
己の国土( 身体 )を平定するんが
第一義であり
もっともやりがいのある
そして尊い任務ではないか


ほんま、道元禅師も祖師方も
Simple・Clearなお話しなさってる
難しい事言うちょらん、ですね





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
.
.
正法眼蔵は、
私達を鼓舞し導いてくれる
温かき遺産ではないか?
でした。



坐禅体験ご希望の方へ

「 国際交流のための坐禅会
     at 仙台国際センター

希望日時に合わせ随時開催
参加費 は 3,000円 でした。
....(施設予約状況[会議棟・和室]をご確認下さい。)


お問い合わせ先
newstoday343@gmail.com
佐々木正巳

開催者 Profile
1979年~ 
....澤木興道老師門下の
....沼田勇医学博士に師事
....大仁坐禅会に参禅
2006年
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 東京国立博物館 )
2006年~
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 仙台国際センター )













.

最新記事