FC2ブログ

記事一覧

いづれの山川をかとぶらはん



2022010472800003.png





正法眼蔵 辨道話(7)


むなしく自狂にゑふて
ひさしく迷郷にしづまん
 ( もし、真摯な求道者が
 ( 空しく自狂に酔って
 ( 久しく迷郷に沈んでしまったら
If a sincere investigator
is buried in his thoughts
Will sink in the darkness


なにによりてか
般若 han-nya の正種 syo-syu を長じ
得道 toku-do の時をえん
( もし、そうなってしまったら
( どのようにして抜け出る事が出来よう
( 持ち得た可能性を開花させ
( 豊かな世界を開くことが出来るでしょうか
If that happens
How can we break through ?
How can we draw out our ideals
and find a way out ?

貧道 hin-do はいま
雲遊萍寄をこととすれば
いづれの山川 san-sen をかとぶらはん
 ( 私は今、雲や浮草のように
 ( 居所の定めていません
 ( 私を訪ねようにも
 ( どこを訪ねていいか分りません
But now
I haven't decided on a place to live
That person doesn't know where to visit me

これをあはれむゆゑに
まのあたり大宋国にして
禅林の風規を見聞 ken-mon し
知識の玄旨を稟持 bon-zi せしを

 ( これを哀れに思うので
 ( 私が実際に大宋国で見聞した
 ( 禅道場の規則や
 ( 善知識の深い宗旨など

I feel sorry for this
What I have actually experienced in Song dynasty
The rules and doctrines given

しるしあつめて、参学閑道の人にのこして
仏家の正法 syo-bo をしらしめんとす
これ真訣 sin-ketu ならんかも
 ( それらをまとめ、真摯な求道者に残し
 ( 仏家の正法 を伝えよう
 ( これは大事な事なのです

Put these together
Let's give it to a sincere investigator
Let's convey the essence of Buddhism
This is important











.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ( read aloud ) はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ