FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴 「 龍を作する 」


坐禅箴  29)

其の知自ら微なるは、かつて分別の思なし
思の知なる、かならずしも他力をからず
其知は形なり、形は山河なり
この山河は微なり、この微は妙なり
使用するに活発発なり
龍を作するに、禹門の内外にかかはれず
いまの一知わづかに使用するは
尽界山河を拈来し、尽力して知するなり



2020年01月12日01




正法眼蔵第十二巻は、「坐禅箴(Zazen Sin)」 でした



息をはきつつ、身体前面を
腰腹の一点へ向け静まって行く
これは古文読解ではありませんが
「 身体読書 」でしょうか

身体読書も
静かに行間を読もうとすると
腰腹の一点へ向け静まった後に
力強い吸気を背中へ上げる事が出来ます


道元禅師の上記文章
一方に、微なる知があり
一方に、山河をひねり(拈)だす
といった雄大な風景描写があります

これは古文読解では意味不明です
一方身体読書では
Down & Up の Rhythm 両端 を描写されてるのでは
と推測されます







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。

師 沼田 勇 先生 ( 玄米 )
師 中川 宗淵 老師 ( 三島 龍沢寺 )
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生
















.

最新記事