FC2ブログ

記事一覧

展転 ten-den 広作 ko-sa して






2022012872800002.png






正法眼蔵 辨道話(26)


展転 ten-den 広作 ko-sa して
無尽、無間断、不可思議
不可 u-ka 称量 syo-ryo の仏法を
遍法界の内外に流通するものなり


( 「 孤児 」 と言う言葉があります
There is a word called an orphan
( どのような状況でしょうか
What is the situation
( 私は、見捨てられた
I was abandoned
( 古来、仏陀の坐禅を伝えし方々
People who have passed down Buddha zazen
since ancient times
( 一人で坐禅をしてても、とても元気でした
They were very well even if they did zazen alone
( 外から見ると、孤独な孤児のようです
Seen from the outside, it looks like a lonely orphan
( 人間としては孤独ですが
Although he is lonely as a human
( その身体は、世界と不可分に繋がっています
Its body is inseparably connected to the world
( 彼らは、それを梃にして精神を広げます
They leverage it to expand their spirit
( その精神が、頼りない子供のようだとするなら
If that spirit is like an unreliable child
( その身体は、無限の経験を積んできた老人みたいだからです
Because that body is like an old man with infinite experience.
( 彼らは、それを梃にして精神を広げたのです
They leveraged it and expanded their spirits.
( 身体を、梃として使う
Use your body as a lever
( どうすれば、身体を梃と出来るのでしょう
How can I leverage my body ?
( 身体を動かして何かをする、ではなく
Instead of moving your body to do something
( 彼らは、自分の身体を握ったのです
They grabbed their bodies
( 赤子を抱きしめるように
Like hugging a baby















コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ( read aloud ) はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ