FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 百計千方 」



正法眼蔵 行 持  下
 「 百計千方 」

しかあればすなはち
をしむにたとひ
百計千方をもてすといふとも
つゐにはこれ
塚中一堆の塵と化するものなり

 ( 惜しいと言って
 ( あれこれ百計をつくしても
 ( この身が土であることに
 ( かわりはありません

いはんやいたづらに
小国の王民につかはれて
東西に馳走するあひだ
千辛万苦いくばくの身心をかくるしむる

 ( ましていたずらに
 ( 日々の奔流に追われ
 ( 駆け回るような日々は
 ( 身心をどれだけ
 ( 苦しめることでしょうか



20201006SS00001.png
 ( 火・風・水・土
 ( これらは状態を示しています
 ( 土は固形、水は液体、風は気体
 ( そして火が問題になります
 ( 15世紀以降この視点は消えましたが
 ( 実は近代自然科学以上に
 ( 日常に応用出来うるものです



20201006SS00002.png
 ( かたまっちゃった !
 ( 日常の風景をこのレベルで
 ( 観察してゆく事が出来ます
 ( 千辛万苦の程度を
 ( 火・風・水・土 から [ 見える化 ] 出来ます



20201006SS00003.png
 ( そして火( 熱 ) が問題になります
 ( 四大すべて外に感じられますが
 ( 火は内面にも感じられます
 ( 親切にしてもらうと温かく感じ
 ( 無礼に扱われますと冷たくなります
 ( 火( 熱 ) が一番身近です



20201006SS00004.png
 ( 達磨大師の面壁坐禅
 ( 何をなさってらっしゃるのでしょう
 ( 四大を身の十字中心へ誘います
 ( 四大も私達と同じように
 ( 温かな火を好みます
 ( 四大を十字中心へと誘って
 ( 十方凝縮のマジックで火に化します



20201006SS00005.png
 ( 火が凝縮して気体が出来
 ( 気体が凝縮して液体が出来
 ( 液体が凝縮して固体が出来ちゃった
 ( これは千辛万苦の程度でもあります
 ( この苦を火に戻そう、火にお帰り頂く
 ( 何をなさってらっしゃるんですか?
 ( そんな面壁坐禅の中で
 ( それがなされています



20201006SS00006.png
 ( なんだかなぁ ( 気体 ) が
 ( リアルな不愉快 ( 液体 ) になり
 ( 敵対心が ( 固体 ) 化しちゃう
 ( 悪いのは相手かも知れません
 ( しかし問題は自分の中で推移します
 ( 何とかしなきゃ!でしょうか




20201006SS00007.png
 ( 芸術家の作品が
 ( 作者の手元を離れると
 ( 作品自体は
 ( 独自の存在として歩みだします
 ( 不愉快や敵対心も
 ( 一度生まれると本人を離れ
 ( 独自の存在として歩みだします
 ( ゆえに本人でも消す事能わずでしょうか



20201006SS00008.png
 ( 身近な人が明るくて温かいか
 ( 不平不満で冷たい事しか言わないか
 ( これって、本人の問題に止まらず
 ( まわりの人にとっても大事になります
 ( 温かい言葉が自然にでるには
 ( 温かい心情をキープしなきゃ でしょうか
 ( 温かい心情を育てるには
 ( 心身の中心に暖炉を置こう!です
 ( まきはコンビニでも売ってますが
 ( 心中には持ち込めません、ゆえに
 ( 心中の気体液体固体
 ( すなわち苦を暖炉にくべて
 ( 火を起こそう!でしょうか
 ( その暖炉の仕様が面壁坐禅であると





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ