FC2ブログ

記事一覧

弁道話 「 大宋国 」


Utagawa Hiroshige 1201 1818



正法眼蔵 「 弁道話 」  46 )


又まのあたり
大宋国にして見しかば
諸方の禅院みな
坐禅堂をかまへて
五百六百、および
一二千僧を安じて
日夜に坐禅をすすめき

その席主とせる
伝仏心印の宗匠に
仏法の大意をとぶらひしかば
修証の両段にあらぬむねを
きこえき

このゆえに
門下の参学のみにあらず
求法の高流、仏法のなかに
真実をねがはん人
初心後心をえらばず
凡人聖人を論ぜず
仏祖の教えにより
宗匠の道をおふて
坐禅弁道すべしとすすむ




-------------------------------------------------



坐禅の文化が、宋の時代
中国において隆盛を誇ってたと
このレポートから推測されます

道元禅師は
この文化を日本へ
移管せしめんとなされてる

そして
それから800年
今はどうかと言うと
ちょんまげ帯刀で歩く方
まず見かけん!に似て
坐禅する文化は、
この東アジアではもぉ
流行らんよぉなってもうた
でしょうか
次に坐禅が流行るのは
どのエリアだろうか? です








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
.
.
正法眼蔵は、
私達を鼓舞し導いてくれる
温かき遺産ではないか?
でした。



坐禅体験ご希望の方へ

「 国際交流のための坐禅会
     at 仙台国際センター

希望日時に合わせ随時開催
参加費 は 3,000円 でした。
....(施設予約状況[会議棟・和室]をご確認下さい。)


お問い合わせ先
newstoday343@gmail.com
佐々木正巳

開催者 Profile
1979年~ 
....澤木興道老師門下の
....沼田勇医学博士に師事
....大仁坐禅会に参禅
2006年
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 東京国立博物館 )
2006年~
....「国際交流のための坐禅会」開催
......( 仙台国際センター )













.

最新記事