FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 報 謝 」



正法眼蔵 行 持  下
 「 報 謝 」

しかあれば、祖師の大恩を
報謝 ho-sya せんことは
一日の行持なり
自己の身命をかへりみることなかれ

 ( 達磨大師の大恩に報いるということは
 ( 今日の行持である面壁坐禅
 ( すなわち身に内十字を切る事に他なりません



20201012SS00001.png
 ( 「 救迷情の自己なるゆゑに
 (  ................驚疑なく、怖畏 hu-i せず 」
 (  8/29 http://newstoday.jp/blog-entry-13.html
 ( 道元禅師がここで御使用されてる
 ( 「 自己 」 という言葉は
 ( 心を内十字に運用した時の
 ( 自分の在り様の事でしょうか

 ( 心を、どのように運用するかによって
 ( 第一人称である自分は
 ( 様々な在り様に変化するかのようです



20201012SS00002.png
 ( 東洋において 「 道 」 という言葉が
 ( 使用された由縁がここから推測されます
 
 ( 魂の骨格 ? をどのように描こうか
 ( route 心の進路航路を描こう ! でしょうか
 ( 坐禅が無意味に思われるのは
 ( 姿勢を正す事には、意味がないから
 ( 無意味に思うのは正常な反応かも知れません
 ( ではどこが貴いのでしょう



20201012SS00003.png
 ( 坐禅するには、身体以前に
 ( その坐禅の骨格を
 ( 心中に 「 下書き 」 する必要があります
 ( アイデアがあって、構造設計がなされ
 ( 図面が引かれて、そして着工建築
 ( 順番が逆になる事はないはずです



20201012SS00004.png
 ( 達磨大師や道元禅師が
 ( 坐禅を尊ぶ所以がここに見て取れます
 ( 坐禅と言う建築を完成させるには
 ( 心中に魂の骨格を
 ( 下書きする必要があるから ・・・
 ( そしてその下書きの線描は
 ( 建築 ( 坐禅 ) から逆算されて
 ( 内十字なる構造力線にならざるをえません



20201012SS00005.png
 ( 内十字なる構造力線とは
 ( どのようなものでしょうか
 ( それは
 ( 自ら消滅することが出来ない迷情
 ( それを中心へ誘導し寂滅せしめます
 ( この route 構造こそが
 ( 面壁坐禅にかくされた
 ( 本領本懐であるとするとします
 ( この仮定から
 ( 達磨大師や道元禅師がなぜ
 ( そこまで坐禅を推奨なされたか
 ( すこしですが、推測することが出来ます







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ