FC2ブログ

記事一覧

弁道話 「 繁 務 」



Utagawa Hiroshige 1207 0617



とうていはく
この行は、在俗の男女も
つとむべしや
ひとり出家人のみ修するか

しめしていはく
祖師のいはく
仏法を会すること
男女貴賤をえらぶべからず
ときこゆ

とうていはく
出家人は
諸縁すみやかにはなれて
坐禅弁道にさはりなし
在俗の繁務は
いかにしてか一向に修行して
無為の仏道にかなはん

しめしていはく
おほよそ、仏祖あはれみのあまり
広大の慈門をひらきおけり
これ一切衆生を
証入せしめんがためなり
人天たれか入らざらんものや




--------------------------------------------------


正法眼蔵 「 弁道話 」  52 )



「 繁 務 」(はんむ)

繁華街の繁(はん)
にぎやかな事ですねッ!の(はん)

みんな日々忙しゅうて
そんな神妙坐禅など
でけへんとちぃまっか?

ほんまァ!
ほん通りでごわすですね

一方、神妙坐禅と言うても
特別な心理状態
「悟り」を求めるでなく
帰家穏坐
家へ帰りて穏やかに坐す
このよな人格身につけよォ!
て教育プログラムになってる

日々が繁務であればこそ
誰でも何処でも取り組める
( 広大の慈門なる )
神妙坐禅を提示なさった
と言えます


この提案がなして
「 あはれみのあまり 」か?
それは神妙坐禅と言う「家」は
ローンもないし家賃もいらない
( 管理費/水道光熱費もゼロ! )

立って半畳寝て一畳なら
坐しても半畳っ!
て、この家は場所とらずですし
家ごと持ち運びがでける

そして
「家へ帰りて穏やかに坐す」
この豊かさ余裕があれば
将来への不安、現状への不満も
起こらん

むしろ家を出て
一丁ォ!何かすっぺか!て
ベンチャー魂が湧きいずらん
でしょうか






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
60歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい

https://ozigi.info/


















.

最新記事