FC2ブログ

記事一覧

、盲目的従属には戻れません





2022050772800004.png




正法眼蔵 辨道話( 122)

よく生滅にうつされぬ心性、わが身にあることをしりぬれば
[ この身体の中には、生老病死から独立した心が存在している ]
In this body exists a mind independent of life and death
[ これさえ知ればいいのです ]
All you need to know is this.
これを本来の性とするがゆゑに
[ その不滅の心が私達の核心なのですから ]
Because that immortal heart is our core.


この見解に対する答えです
Here's the answer to this view.
癡迷 ti-mei のはづべき、たとふるにものなし
[ キチガイにもほどがあると ]
I can tell you it's nothing short of crazy.
これは、辛辣なる回答です
This is a scathing response!



しかし、この考え方は姿形を変えて、多くの分野で支持されています
However, this idea has taken on a different form and is supported in many areas
何故なのでしょう  例えば、一万年前の人を見てみます
Why is that ?  For example, let's look at people 10,000 years ago
彼は生死を知りません 盲目的に宇宙の意志に従っています
He does not know life or death. 
He blindly follows the will of the universe.
パソコンのディスプレイのように、忠実に信号を映し出してる
It's like a computer display, faithfully projecting the signal.

この太古の思い出が、無意識に働きかけます
This prehistoric memory works on the unconscious.
しかし、私達は自立の使命を受けてるので、盲目的従属には戻れません
But we're on a mission of independence, and we can't go back to blind subservience.









.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

正法眼蔵 

Author:正法眼蔵 
青葉坐禅堂


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで

最新記事

カテゴリ