FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 大 恩 」



正法眼蔵 行 持  下
 「 大 恩 」

一句の恩なほ報謝すべし
一法の恩なほ報謝すべし
いはんや
正法眼蔵無上大法の大恩
これを報謝せざらんや

 ( 何気ない言葉や
 ( 何気ない指導も
 ( その方の 「 いつくしみ 」 から
 ( 発せられています
 ( いわんや
 ( 正法眼蔵、面壁坐禅の法は
 ( 手足頭を軽くし、心身の中心に
 (  「 いつくしみ 」 の温かさを育む
 ( その具体的方法です
 ( それを伝えようとなされた仏祖方の
 (  「 いつくしみ 」 は幾ばくかです



20201019SS00001_20201019074004e5a.png

 ( 3 D 座標系の六本の矢
 ( それらすべてが外へ向くのではなく
 ( この座標系の中心へと向いてる
 ( これが正法眼蔵の面壁坐禅と言えます



20201019SS00002.png

 ( 座標系六本の中で
 ( 前方からと、上方からの矢
 ( この二本を見てみます
 ( 前方から矢が打ち込まれます
 ( なんとなく歩みを進める、ではなく
 ( 未来が私に問います



20201019SS00003.png

 ( 問いかける未来とは何でしょう
 ( それって 「 欲 」 って言うことでしょうか
 ( 好き嫌いから高尚な理想
 ( あるいは邪悪な欲望まで多種多様です
 ( 正法眼蔵の面壁坐禅では
 ( それが前方から問いかけます
 ( 問いかける未来に
 ( 上方からの矢が垂直に対峙します



20201019SS00004.png

 ( 頭欲一杯で進むでなく
 ( 頭は下方へ垂直におり
 ( 問いかける未来 ( 欲 ) に垂直に交差します
 ( これって判断を下す、と言うことでしょうか
 ( 普通判断は、欲の 「葛藤の結果」 な感じがします
 ( しかしこの判断は、欲とは無縁で
 ( 欲に対し垂直に打ち込まれます
 ( 一刀両断、天剣の趣です




20201019SS00005.png

 ( 頭から垂直に振り落とされる一刀
 (  「 欲 」 ( 問いかける未来 ) には
 ( なすすべなしです
 ( これが正法眼蔵の面壁坐禅の
 ( 一つの機能でしょうか
 ( そして前方から問いかける 「 欲 」 と
 ( 背後から来る流れは
 ( 直線上で真逆に対峙してます




20201019SS00006.png

 ( 背後からの流れは
 ( 通常意識されてる時間表象
 ( 意識・無意識の記憶でしょうか
 ( 意識・無意識の記憶 ( 時間 ) と
 ( 多種多様な欲が直線上で対峙してる
 ( これって ?
 ( 問いかける未来って、もしかして
 ( 過去の意識・無意識の記憶
 ( その鏡像になってる ?
 ( 実は死んでいない過去が
 ( 自己を主張してるのが
 ( 一見フリーな、問いかける未来
 ( その実体なんですか



20201019SS00007.png

 ( 正法眼蔵の面壁坐禅
 ( 垂直に振り落とされる天剣一刀は
 ( 問いかける未来と
 ( その元である過去記憶を
 ( 一点へ集め、天剣一刀を下します
 ( しかし、この天剣が成仏せしめるのは
 ( 記憶の中で、思い出せない
 ( 無意識の記憶ではないでしょうか
 ( それは単なる記憶ではなく
 ( 生きた実体として存在してるから問題です
 ( この記憶実体がつくる
 ( その鏡像の 「 既定された欲 」
 ( この欲は問いかけてる、のではなく
 ( 運命を既定しよう、としてるかのようです



20201019SS00008.png

 ( 既定された欲が
 ( あたかも自由選択かのよう
 ( 自分を動かしてゆく
 ( でもそれって、その既定が
 ( なんか問題あるんじゃない、って言う
 ( 過去の自分に由来してたら
 ( 例えば怨念や
 ( いき過ぎた欲望の続きだとしたら
 ( そして、今の自分は
 ( それを思い出せないとしたら
 ( それってもう浮かび上がる事が
 ( 出来ないって事? ってなっちゃいます
 ( なぜ仏祖方が達磨大師が
 ( 正法眼蔵面壁坐禅の法を
 ( 伝えようとなされたか
 ( その所以が、ここにあると思われます



20201019SS00009.png

 ( 「 正法眼蔵無上大法の大恩 」
 ( そう言われても普通、何のことやらです
 ( では何故、面壁坐禅でそうなるのか
 ( それは普通気付きえない
 ( 欲望と未来のカラクリが祖師方には
 ( 自然観察のように見えてたから
 ( そう推測すると、合点がいきます





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ