FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 髑髏形骸の功徳 」



正法眼蔵 行 持  下
 「 髑髏形骸の功徳 」

西天竺国には
髑髏 dokuro をうり
髑髏をかふ婆羅門 baramon の法
ひさしく風聞せり
これ聞法 mon-po の人の
髑髏形骸の、功徳おほきことを
尊重するなり

 ( インドでは
 ( 髑髏を売ったり髑髏を買ったりと言う
 ( 婆羅門の風習があると聞いています
 ( 正法眼蔵の面壁坐禅の法を聞いた人の
 ( 遺骨や遺物に功徳があると
 ( 尊重されているのです

いま道のために
身命をすてざれば
聞法の功徳いたらず
身命をかへりみず
聞法するがごときは
その聞法成熟するなり
この髑髏は尊重すべきなり

 ( 今、面壁坐禅の法を聞いても
 ( 身命を捨てなければ
 ( この聞法の功徳は起こりません
 ( 身命を顧みずに聞法したならば
 ( その聞法は成熟して行きます
 ( この人の髑髏は尊重すべきものとなります



20201020SS00001.png

 ( このような一節は
 ( 幾日も幾日も読み返して
 ( どのような経過を
 ( 述べておられるのだろう ?
 ( 自己観察と同時に
 ( 進めて行かないとまったくの
 ( 不明に帰してしまう、そんな一節です



20201020SS00002.png
 ( 水にお塩を混ぜて ・・
 ( しばらくすると、お塩が分離されて
 ( お塩が沈殿して行きます
 ( 同じ感じのような経過が
 ( 思考においても起きてるのでしょうか



20201020SS00003.png
 ( 「 魂の骨格 」
 ( と言う言葉があります
 ( 「 思考 」 でその骨格を維持してゆくと
 ( 幾年幾十年の間には
 ( それが実際、身体の骨格を
 ( 形成してゆくのでしょうか



20201020SS00004.png
 ( この一節の聞法 mon-po
 ( は、「 そう言うことですか!」
 ( でしょうか

 ( 「 身中に、3D座標系を思考します 」
 ( そう言うことですか!

 ( 「 六本の矢が中心へ向いてるとします 」
 ( そう言うことですか!

 ( 「 的を射てから、矢を放つ 」
 ( そう言うことですか!



20201020SS00005.png
 ( 「 背後からは、時間記憶がやって来ます 」
 ( そう言うことですか!

 ( 「 前からは、記憶の鏡像
      志向欲望が問いかけて来ます 」
 ( そう言うことですか!

 ( 「 足元から、今この身体にいるんだ
      大事な今にいるんだ、と問われます 」
 ( そう言うことですか!

 ( 「 頭頂から真下へ
      業火寂滅の一刀を下すのです 」
 ( そう言うことですか!



20201020SS00006.png
 ( 正法眼蔵の面壁坐禅
 ( その聞法 とは
 ( そう言うことですか! でしょうか
 
 ( そう言うことなんだ
 ( そして、その思考を幾年にわたり
 ( 粘り強く継続してゆく
 ( これが 「 その聞法成熟するなり 」
 ( でしょうか



20201020SS00007.png
 ( 野生の虎とコアラ君、どう見ても
 ( その印象、大いに違います
 ( 何考えてたかの違いで
 ( そうなっちゃった ・・ ??? です
 ( 昔言葉に 「 因業じじい 」
 ( って言葉があります
 ( なんかひねくれてて、頑固で
 ( マイナス思考を
 ( 物体化すると、こうなる
 ( そんなおじさんを表した言葉ですが



20201020SS00008.png
 ( 古代インドでは
 ( いや中国でも日本でも
 ( 古代史の頃はスマホは
 ( いや、本すらなかったでしょうから
 ( 修行者は、一事 ( 思考 ) に
 ( 専念なされてた、と想像されます
 ( ちょっと思っても
 ( 何の変化も起こりませんが
 ( その思考を継続してゆくと
 ( 身体形成に少しずつなら
 ( 影響を及ぼすのかも知れません



20201020SS00009.png
 ( 風 → 水 → 土
 ( なんとなくが
 ( 実感出来る流れになって
 ( 確固とした固体に凝縮してゆく
 ( 「 髑髏の功徳 」 と聞いても
 ( ??? ですが
 ( 幾十年にわたる修行では
 ( 死して後、その遺骨から
 ( 徳香が感じられる、のかも知れません






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ