FC2ブログ

記事一覧

Two points cannot create a closed form.




正法眼蔵 辨道話( 161)


二つの点があります
2点を結ぶと、直線が形成されます
当たり前すぎて、あくびが出そうで読み飛ばされます
しかし、2点では、閉じた形を創る事が出来ない
これはどうでもいいお話しでしょうか


2022062072800001.png


There are two points
Connecting two points forms a straight line
It's so obvious, you'll yawn or skip over it.
But two points cannot create a closed form.
Is this an unimportant story?







三つの点があります
それぞれの点を結べば、三角形となります
三辺で 「閉じたもの」 となります




2022062072800002.png



There are three points
Connecting each of these points forms a triangle
The three sides form a "closed one






坐禅の修行とは何なんでしょう
坐禅の三角形に導かれ、「 私 」 を確立してゆく
「 私 」 と言うには、それは 「 閉じた一 」 でなくてはなりません



2022062072800003.png



What is the practice of zazen?
The triangle of zazen leads us to the establishment of the "I.
To say "I," it must be a "closed one.






「 私 」 と言うには、それは 「 閉じた一 」 でなくてはなりません
この当たり前の事を、何故修行せねばならないのでしょう?
「 思考 」 の傾向を観察してみます
思考とは、「 2点を結ぶベクトル 」  そんな印象を受けます
思い付いた時、納得した時、判断した時
それは自分の内でなされますが、その思考それ自体は自分の外に出現します
認知や判断、普段私達が何気に浸かってる思考からは
「 私 」 に至ることが出来ないわけです



2022062072800007.png



To say "I," it must be a "closed one.
Why do we have to practice this obvious thing?
I'm going to observe a trend in "thinking."
A thought is "a vector connecting two points."  
I get that impression.
When you come up with a thought, when you are convinced,
when you make a decision
It is done within oneself, but the thought itself appears outside
Cognition, judgment, and
From the thoughts that we are usually immersed in.
We cannot come to "I"








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木 正巳

Author:佐々木 正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


太陽系を超え
銀河の渦を超えて
それが遠くに見える
そんなところから地球地上を見る
同じ時間同じ空間でも
まるでこの世とあの世くらい
離れてる

そこにいて地球大地に
自らの記念塔を建てる
坐禅という記念塔を建てる

この風景全体
これこそ、「 今 」 だと  




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事