FC2ブログ

記事一覧

when we look at the night sky, we feel nothing.




正法眼蔵 辨道話( 168)





いつもと言うわけではありません
自分が自分を、「 私 」 と言う時があります
Not always.
There are times when I refer to myself as "I."

意識しないと感じませんが
この時、私達は完全に閉じています 
この時、私達は、「 個 」 になってます
We don't feel it unless we are aware of it.
At this time, we are completely closed. 
At this time, we are individuals.



2022062972800006.png




普段私達は、この閉じた図形の内容物を注視します
喜怒哀楽がその内容物でしょうか
We usually look at the contents of this closed figure
Is it joy, anger, sorrow, or pleasure?

坐禅では、身体に三点を確定し
身体で三角形を描きます
三角形は、閉じてます
身体で、「 個 」 を現出させたわけです
In zazen, you determine three points on your body
and draw a triangle with your body.
The triangle is closed.
The body reveals the "individual."







身体で、「 個 」 を現出させると
閉じた図形は、強固です
私達は、自分の喜怒哀楽に向き合います
私達は、心魂の危険にさらされます
When the body reveals the "individual
The closed figure is solid.
We face our joy, anger, sorrow, or pleasure
We are exposed to the dangers of the heart and soul.




2022062972800006.png




ここで、助けが必要となります
この図形(三角形)は直線で構成されています
いつも述べているように
直線に、太さがあろうはずがありません
This is where we need help.
This figure (triangle) is composed of straight lines
As I have always stated
Straight lines cannot have thickness.




2022062972800007.png





直線に太さがあったら
それは直線ではなく、四角形になっちゃいます
If a straight line had a thickness.
it would not be a straight line, but a rectangle.



2022062972800008.png




三点を結び、閉じた図形(個)を創りました
こんどは、その図形の線を見えなくする事も出来るわけです
図形(個)の線をどこまでも細くして行く
どうなるでしょう、見えなくなります
その時、どんな感受性がうまれるでしょう
We have created a closed figure (individual)
by connecting three points.
Now we can make the lines of the figure invisible.
We can make the lines of the figure (individual) as thin as we like.
What will happen? It will become invisible.
What kind of sensitivity will arise then?


昼間の生活
夜も電気で明るい生活
そして、夜空をみても何も感じません
Life during the day
Life at night is brightly lit by electricity
And when we look at the night sky, we feel nothing.


しかし、私達が図形から個を確定し
しかもその図形の線をみえなくすると、どうでしょう
But what if we determine the individual from the figure
And what if we make the lines of the figure invisible?




境界はありながら、ないので
清浄な星空が、自分とつながってるよう感じます
There are boundaries, but there are no boundaries.
I feel as if the clean starry sky is connected to me.






一方で、どうしようもない喜怒哀楽に向き合い
一方で、荘厳清浄な天空と向き合います
On the one hand,
we face the irrepressible joys, sorrows, and pleasures
On the other hand,
we face the majestic and clean sky.







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

正法眼蔵 

Author:正法眼蔵 
青葉坐禅堂


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで

最新記事

カテゴリ